余暇・トラベル

サンケイビルとマリオット、次世代型ライフスタイルホテル「アロフト東京銀座」を開業

2020.07.17 19:13 更新

 サンケイビルおよびマリオット・インターナショナルは、両社が開発を進めている「アロフト東京銀座(Aloft Tokyo Ginza)」(以下、「アロフト東京銀座」)を10月1日に開業する。これに合わせ、宿泊予約の受付も開始した。

 マリオット・インターナショナルのライフスタイルブランドであるアロフトは、従来のホテルとは一線を画す大胆かつ活気溢れるデザインや、人々の交流を促すオープンなスペース、最先端のテクノロジー、館内での定期的なライブ・コンサートシリーズ「Live@Aloft」などが特徴となっている。音楽を愛し、最先端のテクノロジーに敏感な次世代の旅行者に向け、刺激的な体験を提供する。アロフトホテルは現在、世界25以上の国と地域で計175軒以上が展開されており、アロフト東京銀座は日本国内初のアロフトホテルとなる。

 アロフト東京銀座は、銀座六丁目、みゆき通りと昭和通りの交差点という、レジャーおよびビジネス利用のいずれにも便利なロケーションに位置し、スイート4室を含む計205室のモダンでスタイリッシュなゲストルームを提供する。また、館内には解放感あふれるルーフトップでシャンパンやホットドックなどの軽食を提供するルーフトップバー「Roof Dogs」、インダストリアルデザインが特徴的で、夜はソーシャルスポットとしての顔も見せるレストラン「The WAREHOUSE」、カクテルを片手に、同ホテルブランドの特徴である日本の新進気鋭アーティストなどによるライブ・コンサートシリーズ Live@Aloftを定期的に楽しめる「WXYZ bar」の計3ヵ所の料飲施設を用意する。さらに、軽食やスナック、飲み物を終日いつでもテイクアウトできるグラブ&ゴースタイルのショップ「Re:fuel by Aloft」、旅行中もフィットネスプログラムを継続したい消費者のために、有酸素運動・ウェイトトレーニングなどを効率的に実施できる最新のエクササイズ機器を24時間利用できるジム「Re:charge」も併設する。

 なお、アロフト東京銀座では、マリオット・インターナショナルのグローバル・クリーンリネス・カウンシルに基づき、ホテルの衛生基準をより高めるべく、強化した清掃計画を実施して運営していく考え。

[施設概要]
所在地:東京都中央区銀座六丁目14番3号
電話番号:03-6278-8122
交通:東京メトロ丸ノ内線、銀座線「銀座」駅 徒歩4分
   東京メトロ日比谷線、都営浅草線「東銀座」駅 徒歩2分
敷地面積:804.77m2
延床面積:9927.39m2
建物規模:地上16階
客室数:205室
施設構成:客室、The WAREHOUSE(メインダイニング ) 、W XYZ bar、RE:CHARGE(ジム)、Roof Dogs(ルーフトップバー)
客室構成:キング108室、ツイン93室、スイート4室
開業日:10月1日(木)

サンケイビル=https://www.sankeibldg.co.jp/
マリオット・インターナショナル=https://www.marriott.co.jp/default.mi


このページの先頭へ