余暇・トラベル

JR東海、観光キャンペーン「ひさびさ旅は、新幹線!~旅は、ずらすと、面白い~」を展開

2020.07.17 18:23 更新

 JR東海では、同社の沿線に、京都・奈良・伊勢・東京など魅力ある観光地が数多く存在することから、待ちに待った旅行は東海道新幹線を利用してもらうべく、新たな観光キャンペーン「ひさびさ旅は、新幹線!~旅は、ずらすと、面白い~」を展開する。併せて、消費者に安心して旅行してもらうため、感染症対策にも取り組む。

 同社が実施している新型コロナウイルス感染症対策を、ピクトグラムや動画を用いて、駅のデジタルサイネージなどで消費者によりわかりやすく紹介しているとのこと。

 観光キャンペーンでは、「ひさびさ旅は、新幹線!~旅は、ずらすと、面白い~」というキャッチコピーでキャンペーンを展開するという。

 特設サイト「ひさびさ旅は、新幹線!~旅は、ずらすと、面白い~」では、「伊勢神宮は早朝の清々しさが良い」「京都国立博物館はもちろん中も良いが庭から見る夕日がたまらない」「東京は自転車で巡ると違った景色が見えてくる」といった、こんな独自の視点を持つアドバイザーの力を借りて、消費者自身で新たな旅の楽しさを見つけてもらう際の参考となるよう、「定番」から時間、場所、旅先での移動手段や行動を“ずらした”旅の具体例を、7月20日から特設サイトで提案していく。

 また、TV-CMやポスターを8月下旬から展開予定とのこと。

 ひさびさ旅に便利な旅行商品では、新幹線を利用した日帰りや連泊、高級な宿やホテル、家族向けなど、様々なニーズに合わせたおトクな旅行商品を、主な旅行会社から発売する。

 「ひさびさ旅」のお客様に向けて専用の新幹線車両(1両)を用意した特別な商品をJR東海ツアーズから発売する。この商品は、旅先ではシェアサイクルの1日パスや水上バスの周遊券、有名寺院の時間外拝観などのアクティビティや現地での楽しみが選べるとのこと。旅の前には、リモート型の旅行相談窓口を用意し、消費者自身の新たな旅の楽しさを見つけてもらうプランニングを手伝うという(先着順)。車内では、他の消費者と間隔をとって仲間ごとにゆったりと座ることができる。

 比較的座席に余裕がある平日に旅行しやすいよう、土休日のみに設定していた「EXのぞみファミリー早特」を平日にも拡大する。

JR東海=https://jr-central.co.jp/


このページの先頭へ