余暇・トラベル

東急百貨店、レジ袋および紙製食料品用手提袋の素材変更と有料化を実施

2020.06.04 18:50 更新

 東急百貨店は、環境負荷軽減を目的に7月1日からレジ袋(プラスチック製買物袋)および紙製食料品用手提袋の素材変更・有料化を実施する。

 主に食料品売場で使用のレジ袋のバイオマス配合製品、紙製手提袋のFSC認証製品への素材変更を進めるとともに、有料で提供する。また、消費者へのマイバッグ持参への働きかけや、各種フェアの開催を通じて環境に配慮した取り組みを今後継続的に行い、消費者とともに持続可能な社会実現に向け一層の取組み強化を図っていく考え。なお素材変更については、7月1日以降、順次行っていく。

 対象店舗は、本店、吉祥寺店、たまプラーザ店、さっぽろ店他対象となる全店となっている。

[開始日]7月1日(水)

東急百貨店=https://www.tokyu-dept.co.jp/


このページの先頭へ