余暇・トラベル

三井不動産、名古屋市の久屋大通公園に公園と店舗が一体になった「Hisaya-odori Park」をオープン

2020.06.24 12:46 更新

 三井不動産は、愛知県名古屋市栄地区に所在する久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)に公園と店舗が一体になった「Hisaya-odori Park(ヒサヤオオドオリパーク)」(「Hisaya-odori Park」とは、久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)の愛称)を今年秋にオープンする。

 同事業は名古屋市が策定した「栄地区グランドビジョン」に基づき、2017年10月に実施された錦通から外堀通までのエリアの整備運営を行う事業者の公募において、同社が2018年2月に事業者として選定され進めてきたもの。南北約1kmにわたる公園に24棟の店舗施設を設置、公園とあわせて運営・維持管理を行うPark-PFI制度(Park-PFI制度とは、2017年の都市公園法(1956年法律第79号)改正によって新たに設けられた、飲食店、売店等の公園利用者の利便の向上に資する公募対象公園施設の設置と、当該施設から生ずる収益を活用して一般の公園利用者が利用できる園路、広場等の特定公園施設の整備・改修等を一体的に行う者を、公募によって選定する「公募設置管理制度」のことをいう)を用いた事業として日本最大級のプロジェクトとなる。

 店舗施設については、全国の人気店をはじめ、飲食・物販あわせて約35店舗が出店し、市民の日常的な憩いの場としての役割から、ファッション、スポーツ、グルメ、コミュニケーション、リフレッシュなど多彩なサービスを提供する。同事業を通じて公園の新しい価値を創造し、名古屋の新しいシンボルとして様々な情報発信を行っていく考え。

 「Hisaya-odori Park」は、Park-PFI制度と指定管理者制度による持続的な公園運営を行い、公園の質および来園者の利便性の向上を図りながら、これからの公園事業を牽引する存在を目指すという。名古屋市内初出店となる21店舗を含む約35の話題性に富んだ店舗が、来園者のパークライフを一層盛り上げ、さまざまなシーンで楽しい体験を届けるとのこと。

[計画概要]
所在地:名古屋市中区丸の内三丁目、錦三丁目 他
敷地面積:約5万4122m2(約1万6371坪)
構造規模:鉄骨造2階建て(一部平屋)
延床面積:約8062m2(約2439坪)
賃床面積:約7243m2 (約2191坪)
店舗数:約35店舗
交通:名古屋市営地下鉄東山線・名城線「栄駅」隣接
   名古屋市営地下鉄名城線・桜通線「久屋大通駅」隣接
営業時間
 公園:24時間開放(一部施設は夜間の使用ができない)
 店舗:11:00~23:00 (予定)
※施設の営業時間については、各店舗によって異なる

三井不動産=https://www.mitsuifudosan.co.jp/


このページの先頭へ