余暇・トラベル

星のや富士、梅雨の森を楽しむ新しいスタイル「雨グランピング」を開催

2020.05.23 10:36 更新

 日本初のグランピングリゾート「星のや富士」は、6月1日~7月15日まで「雨グランピング」を開催する。期間中は客室に備えたポンチョと長靴、雨に濡れると色が変わるオリジナルネックポーチを身につけ、梅雨時期の美しい森を誰でも楽しめる。森の中のクラウドテラスには「雨宿りティピ」が浮かび、森を鮮やかに彩る。雨が楽しみになる、新しいスタイルのグランピングとなっている。

 梅雨の森は、木々や葉が潤って色が鮮やかになったり、香りが強く感じられたり、五感を使って楽しむことができる魅力的な場所とのこと。屋外で過ごすことで、多くの人に梅雨の森の素晴らしさを感じてもらいたいと考え、雨グランピングの開催に至った。また、日本初のグランピングリゾートとして、梅雨の時期でも天候に左右されることなく、屋外で過ごす時間を楽しんでほしいという思いも、雨グランピングの開発背景のひとつとなっている。

 期間中、森の中に位置するクラウドテラスには、テントの形をした宙に浮かぶオブジェ「雨宿りティピ」が登場する。雨宿りティピは、濡れるとあじさいをイメージした模様と色が浮かび上がる、特殊な生地を使用している。木の下で雨宿りをするように、ティピの下をたどって散策しながら、雨が降ると鮮やかさを増す森の中で、さらに彩りをそえる様子を楽しめる。

 すべての客室にポンチョと長靴を用意する。ポンチョの柄は3種類あり、好みのものを身につけて森へ出かけることができる。さらに、今年は雨に濡れることで色が変わる雨宿りティピと同じ生地で作られた、オリジナルネックポーチが登場する。雨の森に出かけ、色の変化を楽しみながら雨の森遊びを満喫できる。また、宿泊するのは、お風呂や空調を備えた快適なキャビンとのこと。屋外で遊んだ後も、しっかり身体を休められる環境が整っている。

 期間中には、雨宿りティピが設置されるクラウドテラスを中心に、雨を楽しむさまざまな催しを実施する。チェックイン時に手渡される「雨の森招待状」を見ながら、自由に参加することができる。

 催し一例として、「森のひととき」では、雨音を聞きながら、クラウドテラスの好きな場所でアフタヌーンティーを楽しめる。珈琲や紅茶に加え、スキレットで温める香ばしいバームクーヘンに季節のフルーツをトッピングするスイーツや、雨の森をイメージしたオリジナルカクテルを提供する。時間は14:30~17:00まで。

 「潤いの森ディスカバーウォーク」は、雨で潤う森を巡り、その魅力を発見できるアクティビティ。地図に記されたポイントを探しながら歩く中で、雨宿りティピがいくつも浮かぶ様子を俯瞰して見られる場所や、濡れた木々の香りをより感じられる散策路などを巡り、五感を使って雨の日を満喫できる。時間は15:30~16:30まで。雨の日限定開催となる。

 「梅雨の彩り 絵葉書づくり」では、クラウドテラスの景色を描いたオリジナル絵葉書や、水彩鉛筆のセットを用意する。天気によって彩りを変える森の景色を眺めながら色を塗って絵葉書を仕上げる。完成後は、森の中に佇むポストから、大切な人や自分へ宛てて投函できる。時間は9:30~10:30まで。

[「雨グランピング」概要]
期間:6月1日~7月15日
料金:無料
対象:宿泊者限定
備考:天候によって、内容を一部変更、中止する可能性がある。予約不要

星のや富士=https://hoshinoya.com/


このページの先頭へ