余暇・トラベル

近鉄百貨店、5月15日から三重県四日市店の全館営業を再開

2020.05.12 18:53 更新

 近鉄百貨店は、新型コロナウイルス感染が拡大している状況に対し、4月8日から順次、食料品売場等を除く店舗、施設の臨時休業を行っていた。

 緊急事態宣言の期間延長とあわせて「基本的対処方針」が改訂されたことを受け、今後同社は感染拡大防止策を講じたうえで、社会経済活動の維持の観点から、地域の実情に応じて店舗の再開を検討しているとのこと。

 四日市店では、三重県からの「商業施設の休業要請一部緩和」を受け、営業時間を短縮の上、全館営業を5月15日から再開する。

 なお、営業を再開するにあたり、消毒の強化や従業員の健康管理などの徹底はもとより、消費者にもソーシャルディスタンスの確保やマスク着用での来店など協力を得ながら、引き続き安全対策を実施していくとしている。

 営業を再開する店舗は四日市店で、営業再開日は5月15日から。営業再開日からの営業時間は10:00~18:00/11:00~21:00(レストラン)とする。なお、一部休業継続する売場があるとのこと。また、一部施設の営業時間が異なる場合があるという。詳しくは四日市店ホームページを確認してほしいとのこと。

 安全・安心への取り組みとして、従業員の体温測定などの感染予防策と健康管理徹底する。定期的な巡回消毒など、館内消毒の強化する。館内の空調換気を強化する。飛沫感染防止のため、ビニールシールド等の設置を行う。混雑時の入店制限を実施する。

 消費者へのお願いとして、来店の際は、マスク着用の協力をお願いするとのこと。入店時には備え付けの消毒液での手指消毒に協力を願いするという。また、必要最小限の人数での来店に協力を願いするとのこと。売場や通路等では、人と人との間隔をあけて買物してもらうよう協力をお願いするという。フロア移動はできる限りエスカレーターを利用し、エレベーターは終日、ベビーカー・車椅子・身体の不自由な人が優先して利用できるよう配慮をしてもらう。エスカレーターは前の消費者と間隔を空けて利用してもらうよう協力をお願いするという。

近鉄百貨店=https://www.d-kintetsu.co.jp/


このページの先頭へ