余暇・トラベル

イオンリテール、大阪市福島区に都市型SC「イオンスタイル海老江」をグランドオープン

2020.03.02 16:50 更新

 イオンリテールは、3月28日から、大阪市福島区に「イオンスタイル海老江」をグランドオープンする。同店は「都市生活に必要なモノがそろい、学び、楽しみ、過ごす場もある、毎日のように自然と通う生活拠点を創出する」都市型SCとして、過ごしやすい空間と日常のシーンに必要な23の専門店と共に構成する。

 同店が出店する地域は梅田まで約2km、阪神本線や大阪メトロ千日前線、JR東西線の3駅が集まる鉄道アクセスの良さから近年、世帯・人口数ともに伸長し続けている。半径5km圏内に約50万世帯、約90万人が居住し、全国平均に比べ30~40代の構成が高く、20~30代の単身者も多く暮らしている。

 都市部で生活する人々の「手間なく楽に買物したい」「もっと楽しく心地よく過ごしたい」といった想いをかなえるため「イオンスタイル海老江」を核店舗に、日常生活に必要な専門店が出店するほか、自然と調和した過ごしやすい空間をめざし、スーパーマーケットでは世界初の「空調エネルギー削減システム」実証実験を行うとのこと。

 また、一部の弁当容器やカトラリーを紙や木製に切り替え、使い捨てプラスチック削減につなげるなど、環境に配慮した店舗として地域に根差していくという。

 大阪市中央卸売市場より各漁港で水揚げ、直送された旬な鮮魚を加工して提供するほか、大阪近郊の野菜や果物など、地域の新鮮な食材を取り揃えるという。

 エネルギーの効率的な利用を目的に、スーパーマーケット分野では世界初の「人流等のデータとAIを活用した空調エネルギー削減システム」の実証実験を開始するほか、一部の弁当容器やカトラリーを紙や木製に切り替え、環境配慮に取り組む考え。

 レストランやカフェ、テイクアウト専門店から、保育園やリラクゼーション、美容専門店まで、日々の生活に必要な専門店が詰まっているとのこと。なお、消費者とつくりあげる身近な商業施設をめざし、SCのブランド名称を一般公募するとしている。SC名が決まった後も「イオンスタイル海老江」は核店舗の店名として残るという。

[イオンスタイル海老江 概要]
名称:イオンスタイル海老江
所在地:大阪府大阪市福島区海老江1丁目5番52号
オープン日:グランドオープン 3月28日(土)9:00(3月28日(土)~3月29日(日)は9:00開店)
敷地面積:約7713m2
売場面積:約3916m2 (内訳)直 営:約1673m2 専門店:約2243m2
駐車台数:80台
駐輪台数:158台
営業時間:8:00~23:00
休 業 日:年中無休
従業員数:約160名(イオンスタイル直営)

イオンリテール=https://www.aeonretail.jp/


このページの先頭へ