余暇・トラベル

ロイヤルパークホテルズ、プレミアム宿泊主体型ホテル「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋」を開業

2020.03.17 15:23 更新

 三菱地所グループのホテル統括会社であるロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ(以下、ロイヤルパークホテルズ)は、「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋」を、3月16日に開業した。

 大阪のビジネスの中心地であり、梅田や心斎橋・なんばからもアクセスのよい大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋」駅と「本町」駅から至近の地に、プレミアム宿泊主体型ホテル「THE シリーズ」のフラッグシップブランド「ICONIC」の1号店として開業する。大阪の“象徴的な”おもてなしの拠点でありたい、という想いを込めた「ICONIC」の名の通り、オービック御堂筋ビルの上層階に、エグゼクティブフロアを有する352室の客室、さまざまな目的に対応できるオールデイダイニングやラウンジ・バーを用意して消費者を迎えるとしている。

 客室は、仕事での利用に最適なコンフォートダブル(21.2m2)から御堂筋の特別感とホテルの品格を感じさせるアイコニックスイート(102.5m2)まで、幅広いタイプを用意している。16階~23階のスタンダードフロアの客室は、全室洗い場付きのバスルームで、内装は、ホテルが面する御堂筋の象徴である「イチョウ」にちなんだ印象的な色とデザインとのこと。また、トリプルユース可能な客室も55室あり、国内外からのファミリーでの利用の需要にも応えるという。

 最上部となる24~25階には、アイコニックのキーワード「Theart of time ~美しい時間(とき)を~」を体感してもらえるエグゼクティブフロアを設けた。落ち着いたやわらかな色合いでシックな木調の客室には、奈良の老舗・中川政七商店が誇るかや織のやわらかな肌触りが魅力のボディタオルや、これこそはと呼べる新たな「定番」を生み出すブランド「THE」のカトラリーやグラスをセットし、グレード感を高める。

 また、エグゼクティブフロアにご宿泊のゲストのために設けられたエグゼクティブラウンジは、朝食はもちろん、滞在中軽食やカクテルなど、自由に楽しめる。

 15階には、トラディショナルな料理の枠を超えた、現代的な感覚でフレンチを表現するオールデイダイニング「THE BLINK all day dining」がオープンする。店名の「BLINK」は「きらめき、まばたき」を意味する言葉で、料理を見て「美しさに驚き」、味わって「美味しさに驚く」ような料理を提供する。ホテルダイニングならではの、クラス感のある落ち着いた雰囲気で、家族や友人との食事、集まりはもちろん、記念日や会食など、様々なシーンで利用できる。

 隣接するバー・ラウンジ「THE BAR」では、バラエティに富んだ紅茶をはじめとした飲み物、季節ごとのテーマで用意するアフタヌーンティーや軽食を賞味できるとのこと。バータイムには世界各国のワインやビール、ウィスキーのラインナップとフルーツカクテルなども楽しんでほしいという。

 アイコニック1号店となる「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック大阪御堂筋」で過ごす時間(とき)が、ゲストにとってより美しいものになるように、ロビーや客室の設え、ゲストに寄り添うスタッフのおもてなしから生まれる心地良さを提供していく考え。

[施設概要]
所在地:大阪市中央区平野町4-2-3 オービック御堂筋ビル
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)
規模:地上25階、地下2階
ホテル面積:1万5417.15m2(4663.69坪)
※地下1階、1階、15~25階
客室数:352室(ダブル200室、ツイン150室、スイート2室)
付帯施設:1階エントランス
     15階ロビー、フロント、レストラン、バー・ラウンジ
     16~23階客室、ジム・コインランドリー(23階)
     24~25階客室(エグゼクティブフロア)、ジム(24階)
開業日:3月16日(月)

ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ=https://www.royalparkhotels.co.jp/


このページの先頭へ