余暇・トラベル

JR九州ステーションホテル小倉、客室全294室を禁煙化へ

2020.03.23 17:55 更新

 JR九州ステーションホテル小倉は、高まる健康志向によるニーズに応え、4月1日から全客室を禁煙化する。またSDGs未来都市・北九州市の企業として関連する活動にも積極的に取り組んでいく。

 客室禁煙化については、客室全294室を禁煙。4月1日から実施する。喫煙室は7階ホテルフロントロビー正面(24時間利用可能)に設置する。その他、宿泊の消費者へミンティアを配布するという(先着4000名限定)。

 SDGsへの取組として、環境に配慮したノークリーニングの取り組みについては、賛同してもらった消費者の協力のもと、エネルギーの削減や水資源保護に貢献。また、ノークリーニングの意思表示カードにプラスチックではなく石灰石を主原料としたLIMEXを使用する。

 エコ包材アメニティについては、再生可能なサトウキビ由来の植物原料フィルムを使用。植物由来の原料を使用することでCO2の排出削減に貢献する。

 ロビー消臭剤噴霧器については、国産間伐材から抽出した植物性殺菌型消臭液を使用する。

 トイレットペーパーの使い切りについては、環境にやさしい再生紙を利用。環境資源保護のため消費者の協力のもと、使い切りの取り組みを行う。

JR九州ステーションホテル小倉=https://www.station-hotel.com/


このページの先頭へ