余暇・トラベル

[新型コロナウイルス(COVID-19)関連]三越伊勢丹HD、首都圏百貨店の週末営業時間を短縮

2020.03.27 18:24 更新

 三越伊勢丹ホールディングスは、東京都や埼玉県からの自粛要請を踏まえ、消費者並びに勤務者の安全性を考慮し、また新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、首都圏で営業を行う同社グループの百貨店において、既に実施している4月3日までの平日の営業時間短縮に加え、新たに下記2日間の営業時間を短縮する。同社としては、百貨店が消費者の生活に欠かせない社会インフラと考え、消費者の利便性確保の観点から今回の対応を決定したという。

 なお、店内の消毒や清掃にはより一層配慮して対応していくとのこと。また、消費者については、東京都や隣接各県の外出自粛要請を参考の上、来店の判断をお願いしたいという。

 今回、新たに営業時間を短縮する期間は、3月28日・29日の2日間。変更後の基本営業時間は11:00~18:00までとなる。なお、店舗によって、レストラン等一部施設の営業時間が異なる場合があるとのこと。店舗によって、一部休業しているブランドがあるという。

 対象店舗は、三越日本橋本店、伊勢丹新宿本店、三越銀座店、伊勢丹立川店、三越恵比寿店、伊勢丹浦和店。この6店舗については、4月3日までの平日の営業時間を11:00~19:00へ短縮することを既に決定している。

三越伊勢丹ホールディングス=https://www.imhds.co.jp/ja/index.html


このページの先頭へ