余暇・トラベル

三菱地所とロイヤルパークホテルズなど、札幌市で高層ハイブリット木造ホテル開発「(仮称)大通西1丁目プロジェクト」が始動

2020.03.26 15:40 更新

 三菱地所は、札幌市中央区において、北海道産木材を積極的に活用した国内初の高層ハイブリット木造ホテル開発計画「(仮称)大通西1丁目プロジェクト」に取り組む。同件は三菱地所として初となる北海道でのホテルアセット開発事業であり、竣工後は三菱地所グループのロイヤルパークホテルズアンドリゾーツによる、北海道第一号となるホテルを予定している。設計監理は三菱地所設計が担当、三菱地所グループの総合力を結集したプロジェクトとなっている。

 同プロジェクトは、低中層部を天井を木質化した鉄筋コンクリート造、中層部の1層を鉄筋コンクリート・木造のハイブリット造、高層部を純木造とするハイブリット木造建築で、同社グループがこれまで推進してきた木材の建物構造部や外装部への活用(木造化・木質化)の成果を集約したもの。賃貸マンションやオフィス等の開発を通じ、高層建築物の木造化に向けた課題に対する設計手法の検討を進めたことで、汎用性が高く経済合理的な「木材活用」を実現する。構造材に木材を約1050m3使用しており、その約80%が北海道産で、地元産業の振興にも貢献する。なお、同プロジェクトは木造建築物等に係る技術の進展に資するとともに普及啓発を図ることを目的とした国土交通省の「令和元年度 第2回募集 サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」に採択されている。

 ホテルについても、北海道産の木材をふんだんに使用した客室を実現するほか、ロビー空間等へのインテリアにも木材を活用するなど、北海道の地域性を活かした計画としている。

 三菱地所グループは、北海道産木材を活用した同プロジェクトを通じて、木材産業の振興による地方創生にも積極的にチャレンジしていく考え。

三菱地所=https://www.mec.co.jp/
ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ=https://www.royalparkhotels.co.jp/
三菱地所設計=https://www.mj-sekkei.com/


このページの先頭へ