余暇・トラベル

星野リゾート、都市観光ホステル「星野リゾート OMO3東京川崎」をリニューアルオープン

2020.02.04 18:37 更新

 星野リゾートは、6月11日に「星野リゾート OMO3東京川崎(おもすりーとうきょうかわさき)」(神奈川県・川崎市)をリニューアルオープンする。同施設は星野リゾート初の都市観光ホステルとのこと。都心や横浜などの観光名所、羽田空港にもアクセスの良い川崎に位置している。思い立ったらすぐに行けるリーズナブルな価格ながらも、過ごし方に合わせて選べる客室や、ディープな川崎の街を楽しみつくすためのサービスなど、都市観光客の目線で滞在の楽しみ方を提供するホステルとなっている。

 「星野リゾート OMO3東京川崎」は星野リゾート初の都市観光ホステルとのこと。もっと旅の選択肢を増やしたい、もっと気軽に旅に出て欲しいという思いから生まれた。1泊2818円~と思い立ったらすぐに行けるリーズナブルな価格ながらも、過ごし方に合わせて選べる客室や、自由に過ごせる広々としたパブリックスペース、ディープな川崎の街を楽しみつくすサービスなど旅のテンションを上げる工夫が盛りだくさんとなっている。都市観光客の目線で滞在の楽しみ方を提供するホステルだという。

 「OMO」とは星野リゾートが運営する都市観光ホテルブランドとのこと。「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をコンセプトに、都市観光客に向けて、街をディープに楽しむサービスと、お茶目な仕掛け満載のホテルステイを提案している。2018年に誕生し、同年4月に「OMO7旭川」(北海道・旭川市)、5月に「OMO5東京大塚」(東京都・豊島区)を開業した。同施設は3施設目となり、2022年には「OMO7大阪新今宮」(大阪府・浪速区)の開業を予定している。施設名にある数字はOMOブランドにおけるサービスの幅を表しており、同施設は「3」に属す。

 OMO3東京川崎は川崎駅の近くに位置しているとのこと。羽田空港から最短16分でアクセスでき、スカイツリーや浅草、横浜や逗子など観光名所へ電車一本で行くことができるため、ふらっと東京旅をする際の拠点に適している。

 川崎は一日の乗車人員が21万人を超える大きな駅(参考:JR東日本「各駅の乗車人員2018年度」)ながらも、周辺には地元の人が集まる老舗料理店や毎晩ライブが行われるバーなど多種多様なお店があるという。観光名所を巡ったあとも旅のテンションを上げたまま街を楽しむことができる。

[施設概要]
施設名:星野リゾート OMO3東京川崎
所在地:神奈川県川崎市川崎区小川町17-1
施設構成:客室、共用シャワールーム、パブリックスペース「OMOベース」、セルフバゲージスペース
客室数:227室
料金:1泊2818円~(1名1室利用時、税別、食事別)
アクセス:JR川崎駅から徒歩7分、京急川崎駅から徒歩10分
開業日:6月11日(木)
予約開始日:3月4日(水)

星野リゾート=http://hoshinoresort.com/


このページの先頭へ