余暇・トラベル

ヒューリック、複合施設「立誠ガーデン ヒューリック京都」を開業、「ザ・ゲートホテル京都高瀬川 by HULIC」もオープン

2020.02.19 19:51 更新

 ヒューリックは、京都市内において元立誠小学校跡地活用事業を進めているが、7月から「立誠ガーデン ヒューリック京都」として開業する。

 「立誠ガーデン ヒューリック京都」は、貴重な近代建築である元立誠小学校の校舎を保全・再生した既存棟と、それにデザインを調和させた新築棟から構成されている。既存棟の2~3階および新築棟の2~8階には、ヒューリックホテルマネジメント京都が経営する「ザ・ゲートホテル京都高瀬川 by HULIC」が開業する。

 1階は地域コミュニティの拠点となる自治会活動スペースや、文化的拠点となる「ヒューリックホール京都」、一般社団法人文まちが設置・運営する「立誠図書館」、そして、京都初進出、新業態を含む商業8店舗が開業する。オープンスペース「立誠ひろば」は、日々憩いの空間を提供すると共に、地域の祭りや民間イベントの開催によって賑わいを創出する。

 施設名称である「立誠ガーデン ヒューリック京都」には、元立誠小学校及び立誠学区の文化・歴史を未来へと受け継いでいくシンボルとなり、文化が集まり、出会いが生まれ、多様なにぎわいが地域に広がる施設にしていきたいという思いを込めている。

 「ザ・ゲートホテル京都高瀬川 by HULIC」は、関西エリア初のザ・ゲートホテルシリーズとして7月21日にオープンする。京都随一の繁華街「四条河原町」、人気の観光地「祇園」「錦市場」、幕末維新の舞台となった史跡などが徒歩圏内にあり、京都の旅の拠点にふさわしいホテルとなっている。京都らしさを近代的に表現した新築棟、旧立誠小学校校舎の面影を残した既存棟に配置した184の客室は、平均面積32m2という広めの部屋となっており、木屋町の賑わいを感じながらもゆったりと寛げる設えとしている。8階ロビーレストランからは、東山を一望するパノラマビューを堪能できる京都でも希少な場所となっている。開放的なテラス席、落ち着いた雰囲気のバーカウンター、プライベートな会食に利用できる個室を用意し、豊富なワインと料理のマリアージュを楽しめる。その他、宿泊者専用のラウンジ&パティオ、大広間など、消費者へ寛ぎの空間とサービスを提供する。宿泊予約は2月19日から順次開始する。

 商業ゾーンは、繁華街の中心かつ自然豊かな環境を活かし、京都で“ここにしかない”、伝統と革新が融合する新たな地域の賑わい拠点を目指す。京都ならではの店舗の新業態展開や京都初進店舗など個性と魅力に溢れた計8店舗が出店する。

 元立誠小学校では、1993年に閉校後も地域住民が主体となった文化芸術によるまちづくりが行われ、映画・音楽・演劇・芸術等、多くの文化・芸術等の団体による活動や作品を披露する場としての役割を果たしてきた。同社は脈々と受け継がれてきた文化芸術によるまちづくり活動の継続・発展の場として、「ヒューリックホール京都」(客席数約200席規模)を整備する。「ヒューリックホール京都」は、ヒューリックとして浅草橋の「ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス」、有楽町の「ヒューリックホール東京」に次ぐ3ヵ所目の貸ホール事業となる。

 当該地周辺には歴史的資産が数多く点在している。こうした歴史的資産と地域の魅力を広く発信するための機能として、一般社団法人文まちによる「立誠図書館」が開館する。工事期間中にも期間限定でオープンしており、図書の選書は、ブックディレクター“BACH”の幅允孝氏が監修している。

[施設概要』
所在地:中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310番2
交通:阪急「京都河原町駅」徒歩3分
主要用途:ホテル、多目的ホール、図書館、商業施設、自治会館、駐輪場等
敷地面積:約4938m2
延床面積:約1万4930m2
規模:地上8階、地下1階

ヒューリック=https://www.hulic.co.jp/


このページの先頭へ