余暇・トラベル

ジャパンキャンピングカーショー2020、第8回キャンピングカーアワードにはキャンプがテーマのドラマに出演する福原遥さんが受賞、1年間無料で使用できるキャンピングカー「リトリート」に興奮

2020.01.31 17:22 更新

 国内最大級のキャンピングカーイベント「ジャパンキャンピングカーショー2020」が1月31日から2月2日の3日間、幕張メッセ国際展示場1~4ホールで開催中だ。出展台数は300台以上、展示面積は1~4ホールと過去最大の展示面積で展開。今年は開催以来初となる、キャンピングカーで外出した先での“趣味”や“遊び”の体験や情報発信を行う体験型エリア「コンセプトゾーン」を新設した。また、第8回「キャンピングカーアワード」では、キャンプをテーマにしたドラマに出演中の女優・福原遥さんが受賞し、開催初日の1月31日に授賞式が執り行われた。

 「昨年は幕張メッセの1~3ホールの会場で商品の展示を中心に行ってきた。今年は1~4ホールにまで会場を広げ、新たに夢と遊びをテーマにしたエリアを新設することにした」と、日本RV協会の降旗貴史会長が挨拶。「アウトドアでの楽しみ方や遊びに対する想像力を膨らませてくれる体験型エリアとして展開する」と、会場に足を運ぶと、アウトドアの楽しみが何か見つかるような仕掛けが施されていると語る。「今年で第8回を迎えるキャンピングカーアワードでは、キャンプをテーマにしたドラマに出演中の福原遥さんが受賞することになった。福原さんにはキャンピングカー『リトリート』を1年間無料貸与する」と、ドラマを通じてキャンプの魅力を伝える福原遥さんをキャンピングカーアワードで表彰し、人々のキャンプに対する機運をさらに高めていきたい考えを示した。

 そして、第8回「キャンピングカーアワード」の受賞者 女優・福原遥さんが登場。「もともとアウトドアが大好きで、休みの日は友人や家族とバーベキューなどして楽しんでいる。それだけに、このような素晴らしい賞を受賞できてうれしく思う」と、キャンピングカーアワードに選ばれて感慨深げな様子。「キャンピングカーといえば、車の中で料理できたり、寝泊まりしたりすることができる素晴らしい乗り物という印象をもっている」と、子どものころから料理番組などにも出演していたこともあり、キャンピングカーでは料理を楽しんでみたいとのこと。「仕事柄、急に休みとなることもあるが、そんな時、ホテルを予約しようと思ってもできないことがある。しかし、キャンピングカーであれば、好きなところに行って泊まることもできる」と、臨機応変に旅を楽しめるのがキャンピングカーの魅力であると語っていた。

 行ってみたいキャンプ場を問われた福原さんは、「ふもとっぱら」と即答。「ドラマの撮影で訪れて、とても景色が素晴らしかった。もう一度富士山を見ながらのんびりしたい」と、出演中のドラマのロケ現場を、プライベートで訪れたいと話していた。「休みの時は、家族と旅行に行くことも多い。そんな大人数での移動にキャンピングカーがあれば重宝すると思う」と、キャンピングカーで家族といろいろな場所を訪れたいと述べていた。この後、降旗会長から「キャンピングカーアワード」の副賞であるキャンピングカー「リトリート」の1年間無料貸与の証であるビッグキーが手渡された。「リトリート」について福原さんは、「内装もすごくおしゃれで、木のぬくもりが感じられるキャンピングカーだと思った」と、1年間このキャンピングカーでいろんなことをしてみたいと想いを巡らせていた。

 「ジャパンキャンピングカーショー」は、最新・人気モデルの車両が展示される国内最大級のキャンピングカーイベント。200万円台のお手頃な価格の車両や、2000万円を超える豪華車両が日本全国から集結する。出展台数は300台以上、展示面積は1~4ホールと過去最大の展示面積で開催する。

 今回は開催以来初めて、キャンピングカーで出かけた先での“趣味”や“遊び”の体験やライフスタイル提案を行う体験型エリアを第4ホールに新設。星空観測をテーマにした「宙(そら)キャンプゾーン」や、スキー場情報や雪山を走ることができる車両展示等を行う「スノーフィールドゾーン」、主に釣りに特化した車両を展示する「フィッシングゾーン」、ワンランク上の海遊びを提案する「マリンライフゾーン」、外遊びの体験ができる「アウトサイドライフゾーン」の5つのゾーンを設置する。合わせて、夕方以降に屋外で実際に天体望遠鏡や双眼鏡を使用して行う「天体観測」、どこでも満点の星や天の川が見られる「プラネタリウムテント」を活用したミニプラネタリウム体験、ミニボルダリングウォールやスラックライン体験、自分だけのオリジナル望遠鏡を作る「手作り望遠鏡ワークショップ」など、家族揃って楽しめるコンテンツを用意しているという。

 その他、約100施設のキャンプ場や快適に安心して車中泊ができる場所「RVパーク」、観光施設など外出先を紹介するコーナー「キャンピングカーパーク」や、車両1台で一般家庭の約4日分の電源供給が可能な車両の展示など“防災”に特化したブースも展開予定となっている。

ジャパンキャンピングカーショー2020=https://jrva-event.com/jccs/


このページの先頭へ