余暇・トラベル

西武鉄道、刀と協業し2020年に開業70周年を迎える「西武園ゆうえんち」をリニューアル

2019.09.06 12:06 更新

 西武鉄道は、刀と協業し、2020年に開業70周年を迎える「西武園ゆうえんち」をリニューアルすることを決定した。このリニューアルは開業70周年事業として取り組み、2021年の開業を目指している。

 西武園ゆうえんちは1950年に開業し、1988年度には年間約194万人もの消費者に来場されるなど活況を呈していたが、施設の老朽化や余暇の過ごし方の多様化、消費者ニーズの変化などを受け、徐々に入場者数が減少し、昨年度の年間入場者数は約49万人となっている。

 西武鉄道は、西武園ゆうえんちのリニューアルを起点にこの状況を打破し、西武グループの各事業が連携して所沢を「訪れたい場所」に変え、埼玉を中心とした関東の活性化、ひいては日本の「観光大国」化に大きく貢献していく考え。

 「刀」は「マーケティングで、日本を元気に」という大義の下、マーケティングの力で持続可能な事業をその地域に創り、日本を活性化する「地方創生」に取り組んでいる。西武園ゆうえんちのリニューアルプロジェクトは、刀の大義と一致し、当該地域の活性化に大きく貢献すると考えているという。また、このプロジェクトの成功は同じ悩みを抱える全国のレジャー施設に再生・復活への大きな勇気となり、それが各地域経済の活性化の起点となって日本を元気にしていくと信じているとのこと。

 今回の協業は、西武園ゆうえんちのリニューアルに賭ける両社の想いが合致したこと、そして、西武ホールディングス社長で西武鉄道の後藤高志会長が、その卓越したマーケティング・ノウハウと稀有な経験から刀の森岡CEOに寄せる信頼も大きく、森岡CEOもまた後藤会長のリニューアルへの情熱に応えたいという想いも強いことから決定に至った。すでに2年の年月をかけ、共に構想を練り込み、ブランド設計などを進めてきたという。引き続き、西武園ゆうえんちリニューアルプロジェクトの成功に向けて、邁進していくとのこと。

西武鉄道=https://www.seiburailway.jp/


このページの先頭へ