余暇・トラベル

ANAセールス、国内旅「日本を旅しよう 上質な旅 VOL.3」を発売

2019.08.23 11:28 更新

 ANAセールスは、8月22日から国内旅行「日本を旅しよう 上質な旅 VOL.3」を発売した。今しか見ることができない景色、希少な乗り物や食べ物、体験、好奇心を満たす周遊型3コースと、上質な宿に宿泊する滞在型8コースの計11コースを新規設定した。

 11月28日出発限定のPremium ONSEN・ガストロノミーウォーキング in BEPPUでは、「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」に滞在し、別府のルーツをたどる3日間となっている。源泉数・湧出量が日本一の温泉地、別府の源泉のなりたちと源流をたどり、別府のルーツを専門ガイドとともに巡る。通常のONSEN・ガストロノミーウォーキング(ONSEN・ガストロノミーウォーキングとは、欧米で普及している旅のスタイル、「ガストロノミーウォーキング」。その土地を歩きながら、その土地ならではの食を楽しみ、歴史や文化を知る旅に、「温泉」をプラスした新しい旅のスタイル)とは異なり、「別府のルーツを探る」を旅のテーマに、別府温泉の源泉といわれる伽藍岳の中腹を散策した後、別府特有の地獄蒸し料理を老舗レストランで楽しみ、別府の伝統工芸「竹細工の実演」を見学するなど、プレミアムなガストロノミーウォーキングを楽しむことができる。ホテルは8月1日にオープンした「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」に宿泊し、贅沢なひとときを楽しめるコースとなっている。

 秋の九州「九年庵」と「令和」を感じる旅3日間(出発日:11月17日、18日、19日、21日)では、秋の紅葉シーズンに9日間だけ公開される九年庵や御船山楽園のライトアップなど秋の彩を感じる紅葉スポットを巡る。太宰府では令和ゆかりの地「坂本八幡宮、大宰府政庁跡」を史跡解説員が案内する。3日目は有田焼の原料となる「泉山磁石場」や江戸時代の景観が残る小路などを観光ガイドが案内し、有田焼の伝統を学ぶことができるとのこと。秋色に染まる景色と、九州の歴史や文化にふれるコースとなっている。

 天空の城「竹田城跡」世界遺産「姫路城」・「二条城」と大塚国際美術館を巡る旅3日間(出発日:11月5日、12日、26日)では、2000年以上色褪せない、迫力の西洋名画を展示している「大塚国際美術館」や日本初の世界文化遺産となった「姫路城」などを巡る。また、世界遺産「二条城」では公式ガイドが、東大手門、二の丸御殿や非公開エリアなどを案内する。3日目は気象条件がそろうと、立雲峡から雲海に浮かぶ「竹田城跡」が楽しめるとのこと。日本の名城と西洋名画を堪能できるコースとなっている。

 滞在型コースは、往復の航空券と上質なホテルや旅館に泊るプランで、北海道・九州・沖縄・北陸・四国・関東 計8コースを用意しており、コースによって送迎タクシーや観光タクシーが付いている(一部コース除く)。いつもより優雅に贅沢なひとときを過ごしてほしい考え。

ANAセールス=http://www.anas.co.jp/


このページの先頭へ