余暇・トラベル

東急電鉄・JR東日本・東京メトロなど、渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)の全212店のショップ&レストランを発表

2019.07.25 13:33 更新

 渋谷スクランブルスクエア、東急電鉄、JR東日本、東京メトロは、渋谷エリアで最も高い約230m、地上47階建ての大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」の開業日を11月1日に決定するとともに、商業施設に出店する全212店のショップ&レストランをはじめ、展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」、産業交流施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」の最新情報について発表した。

 同施設は、14階・45階~屋上の展望施設「SHIBUYA SKY」、17階~45階のオフィス、15階の産業交流施設「SHIBUYA QWS」、地下2階~14階の商業施設で構成される。

 「世界最旬宣言」をビジョンに掲げる商業施設では、日本初上陸7店、渋谷エリア初出店45店、新業態37店を含む全212店のショップ&レストランの出店が決定した。時代にふさわしい価値観を世界に発信するラグジュアリーブランドや、渋谷のストリートファッションを牽引してきたセレクトショップがそれぞれの「旬」を体現するとともに、渋谷駅直結・直上の立地を生かし、都市生活者の利便性を向上する店舗を揃えた。

 地下2階~1階は食物販を中心に、日本初上陸となるフランス発の人気パティスリー「MORI YOSHIDA(モリ ヨシダ)」やミシュランで5度星を獲得したシェフによるベーカリー「ティエリー マルクス ラ ブーランジェリー」など、スイーツや惣菜が集まる「TOKYU Foodshow EDGE(トウキュウ フードショー エッジ)」(運営:東急百貨店)や、エキナカ商業施設「エキュート」の新業態「ecute EDITION(エキュート エディション)」(運営:JR東日本リテールネット)が展開する旬のスイーツ専門フロア、老舗スーパーマーケット紀ノ国屋の新業態「Gourmand Market KINOKUNIYA(グルマン マーケット キノクニヤ)」で構成される。

 3階には、「BALENCIAGA(バレンシアガ)」、「ジバンシィ」、「ティファニー@渋谷スクランブルスクエア」などのインターナショナルラグジュアリーブランドや、日本発のコレクションブランド「sacai(サカイ)」が並びます。2階・4階~9階は「ユナイテッドアローズ」、「TOMORROWLAND(トゥモローランド)」、「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」をはじめとする人気のセレクトショップやファッション雑貨など、ライフスタイルを彩る店舗が出店する。

 10階・11階・14階は、体感型デジタルコンテンツやラジオ公開収録など“公共メディア”に進化するNHKを体験できるスペース「NHKプラスクロスSHIBUYA」が出店するほか、シェアラウンジを設けた「TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤ ブックストア)」、「東急ハンズ」といった知的好奇心を満たす店舗が揃う。

 12階~13階の全17店が並ぶレストランフロアは、「FOODIES SCRAMBLE(フーディーズ スクランブル)」に名称を決定した。日本初上陸となるマドリードで人気のスペイン料理「José Luis(ホセ・ルイス)」をはじめとし、自社醸造のクラフトビールを提供する飯能(埼玉県)発都内初出店のアラビア・地中海料理「CARVAAN TOKYO(カールヴァーン・トウキョウ)」など、渋谷らしい新たな食のスタイルを発信する。

 また、7月4日から、商業施設内にある3ヵ所のイベントスペースの出展者募集を開始した。

 渋谷最高峰約230mのパノラマビューを誇り、日本最大級の屋上展望空間(約2500m2)を有する展望施設「SHIBUYASKY」は、9月1日から「SHIBUYA SKY」オフィシャルWEBサイトにおいて入場チケットの予約受付を開始する。世界的な注目を集めるクリエイティブ集団・ライゾマティクスの“ライゾマティクスデザイン”部門を演出プランナーとして採用しており、渋谷上空ならではの非日常的な空間演出と“解放感”あふれる展望施設となっている。また、46階からの景色を一望できるカフェ&バーや、スーベニアショップも楽しめる。

 産業交流施設「SHIBUYA QWS」は、7月4日から「SHIBUYA QWS」オフィシャルWEBサイトにおいて会員募集を開始するとともに、イベントスペース「SCRAMBLE HALL(スクランブルホール)」の利用申込受付を開始している。

東急電鉄=https://www.tokyu.co.jp/
JR東日本=https://www.jreast.co.jp/
東京メトロ=https://www.tokyometro.jp


このページの先頭へ