余暇・トラベル

東京ドーム、東京ドームシティの夏期熱中症対策で日よけ幕「サーフサンシェード」と「ひまわりミスト」を設置

2019.06.14 17:51 更新

 東京ドームは、夏期の熱中症対策として、日よけ幕「サーフサンシェード」と「ひまわりミスト」を設置する。

 「サーフサンシェード」は、クリスタルアベニューの全長約80mに91枚の幕を設置することで日影を創出する。7色のカラフルな配色と、夜間のLED照明のライトアップによって、見た目も楽しい暑さ対策となる。「ひまわりミスト」は、東京ドームとミーツポートをつなぐ通路に全長約50mにわたって設置する。ひまわり(造花)の中央部からミストが噴出することで、気化熱を利用した暑さ対策を行うとともに、夏らしい涼しげな景観を楽しめるとのこと。ゲストに涼しく快適な空間を提供するとともに、ヒートアイランド現象の緩和にも貢献する。

[サーフシェード概要]

名称:日よけ幕「サーフサンシェード」
場所:クリスタルアベニュー
期間:6月27日(木)~9月下旬(予定)
※都合により変更になる場合がある
ライトアップ時間:19:00~25:00
※日没時間により点灯時間を変更する場合がある
全長:約80m
枚数:91枚
1枚サイズ:2.12m×2.12m
※幕はパラシュートなどにも使用される、超軽量で強度の高い素材

名称:ひまわりミスト
場所:クリスタルアベニュー上 東京ドーム~ミーツポート連絡通路
期間:6月17日(月)~9月下旬(予定)
※都合により変更になる場合がある
ミスト噴出時間:10:00~17:30
※天候・気温によりミスト噴出を停止する場合がある
全長:約50m
総本数:180本

東京ドーム=https://www.tokyo-dome.co.jp/


このページの先頭へ