余暇・トラベル

東京ディズニーシー、「ハンガーステージ」でエンターテイメントプログラム「ソング・オブ・ミラージュ」を公演

2019.06.13 13:31 更新

 東京ディズニーシーは、7月23日からロストリバーデルタにある「ハンガーステージ」で新しいエンターテイメントプログラム「ソング・オブ・ミラージュ」を公演する。

 今回は公演開始に先駆け、「ソング・オブ・ミラージュ」で着用するコスチュームに身を包んだミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、グーフィーが冒険に向けて期待に胸を膨らませる姿を見せてくれた。

 冒険の始まりはロストリバーデルタに位置し、「ハンガーステージ」の名称の由来でもある、かつて物資を運搬していたパイロットたちの飛行機の格納庫(ハンガー)。空の彼方を指差すパイロット姿のグーフィーからは多くの冒険家たちが目指す幻の都市「リオ・ドラード」に向けた冒険への高まる期待が感じられ、冒険家のミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダックも旅立つ準備は万全な様子だとか。

 また、7月17日には「ソング・オブ・ミラージュ」のぬいぐるみバッジが発売される。このグッズはミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、グーフィーが今回披露してくれたショー中のコスチュームを着用したデザインで、手に取ったゲストはまるで舞台からそのまま抜け出したような細かいこだわりを楽しめる。ぜひ、このぬいぐるみバッジを身につけてショーに足を運んでほしいという。

 ミッキーマウスやディズニーの仲間たちが、かつて多くの冒険家たちが目指した幻の都市「リオ・ドラード」にたどり着くためには、夢が叶うことを強く信じる力が必要とのこと。このショーの中では彼らと同じく冒険家であるゲストの人々も一緒になって、時空を超えた心躍る旅を楽しんでほしいという。

 ロストリバーデルタにある「ハンガーステージ」では、ミッキーマウスやディズニーの仲間たちが、かつて多くの冒険家たちの間で話題となった幻の都市、黄金に輝く川の都「リオ・ドラード」を目指して時空を超えた大冒険を繰り広げる。臨場感あふれるプロジェクションマッピングや、躍動感に満ちたライブパフォーマンスで届ける新しいエンターテイメントを楽しめるという。

[公演概要]
スタート日:7月23日(火)
公演時間:約30分(1日3~5回公演)
登場キャラクター:ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、グーフィー

東京ディズニーリゾート=https://www.tokyodisneyresort.jp/


このページの先頭へ