余暇・トラベル

TRASTA、日本初となる全室サブスクリプション家具を導入したSTAYブランドホテル「STAY Vintage NAKAZAKI」と「住亭 SHIJO KARASUMA」をオープン、2つの新ホテルを巡るプレスツアーを開催

2019.05.16 19:50 更新

 2020年までに18店舗以上のホテル開業を東京・大阪・京都・沖縄で予定している宿泊体験から旅行体験までをリデザインするためTravel Techを掲げるITベンチャーのTRASTAは、STAYブランド2施設を案内する「STAYブランド 大阪&京都“新しい旅のスタイル提案”プレスツアー」を5月15日に開催した。当日は、日本初となる全室サブスクリプション家具を導入したSTAYブランドの2つのNEW OPENホテルに付随した、サブスクリプション家具を展開するクラスの久保裕丈社長とのトークセッションや国内未発表のTravel Techサービスの情報公開も行った。

 「当社では、STAYブランドホテルをiPhoneのようなものとして考えている。iPhoneにはハードな部分とソフトな部分があって、ハードな部分は一度購入すると変えられないが、ソフトな部分はどんどんアップデートができると思う。ホテルでも建物という建築の部分はハードなので一度建てると変えられないが、運営やブランディングはどんどんアップデートしていけると考えている」と、TRASTAの越島悠介COOが挨拶。「これから対象となるターゲットに対して、“価値のある場所”“選んでもらえる場所”となるために、どういうものをアップデートをしていくかを考えていく」と、STAYブランドホテルの今後について説明した。

 まず、STAY Vintage NAKAZAKIについて、TRASTAの木地貴雄CEOが紹介した。「STAY Vintage NAKAZAKIがある中崎町は戦前から残っているものがあり、古民家カフェやリノベーションして再利用しているところも多く、おしゃれな街となっている。STAY Vintage NAKAZAKIでは文化的な背景を壊さないように、大正から昭和を感じさせるようなゲームや本を用意しているので、レトロな感じを体感してもらえる。異空間なところでの宿泊を通して観光体験をしてもらいたい」と、STAY Vintage NAKAZAKIの楽しみ方について話してくれた。

 STAY Vintage NAKAZAKIは、日本の昭和初期・大正時代のレトロ感が味わえる地域特化型ホテルとのこと。現在展開しているインバウンド向けホテル「STAY」の新ブランド「STAY Vintage」の1号店目、STAYブランドホテルとしては4店舗目としてオープンした。

 


 100年以上変わらないレトロな町並み大阪中崎町の地域特性をブランドコンセプトに織り込み、ホテル施設の内装やインテリアにちりばめた。ホテルはEAST館、WEST館2棟で構成されており布団タイプの和室、デラックスツイン、スタンダードルーム4人部屋、ドミトリーの全4タイプとなっている。

 


 宿泊者が戦前・戦後の時代での生活の体験の一部や懐かしく興味をそそる「もの」に出会うことができる「見て、知って、体験できる」空間を取り入れた。共有スペースには、昭和初期・大正時代を連想させる昔懐かしいボードゲームや玩具、大阪を舞台にした本や大阪出身の小説家の作品を用意している。

 そして、住亭 SHIJO KARASUMAに移動し、クラスの久保裕丈社長とのトークセッションが行われた。「エントランスの部分が京都の景観を壊さないデザインだなと、到着したときに感じた」と、久保社長。「部屋は開放感があり、広さ以上に広く感じるようになっていると思った」と、見た目以上の広さに驚いている様子。「全体の家具の高さが低いので、あまり目線を遮るものがなく、リラックスできる空間だなと思った。また、京都駅と飲食店、観光地のちょうど真ん中に住亭 SHIJO KARASUMAがあるので、動きやすさという意味でもとても良い位置にホテルがあると思った」と、ホテルの内装だけでなく、ロケーションが良いことから、観光の拠点になるのではないかと語っていた。

 住亭 SHIJO KARASUMAは、STAYの新ブランド「住亭」の1号店目。日本の情緒を感じ、住むように泊まるホテルが「住亭」なのだという。日本を旅し、日本に泊まるとき、日本を感じられて楽しめる宿を作りたいという想いから生まれたのが「住亭」とのこと。京都の中心部四条烏丸に位置し、近辺には大手百貨店や京の台所「錦市場」がある。部屋はスタンダードツイン6室、スーペリアツイン10室、和洋室4室の全20室を用意しているとのこと。京都烏丸線四条駅から徒歩8分、五条駅からも徒歩9分の好立地で快適な宿泊を約束するという。

 


 最後に、TRASTAの木地CEOは、「宿泊者、運営側共に“効率化”を進めていきたい。直近だと、宿泊者がチェックイン時間を待たなくて済むサービス『CUICIN』のローンチや、人員やバックオフィスの業務スマート化につながるIoT製品『スマートマット』の導入を予定している。また、STAYブランドホテルは“若者”にも利用してもらいたい。STAYブランドホテルを通して、若者が新たな文化を発信していくホテル事業を展開していきたい」と、STAYブランドホテルの今後の展開について言及してくれた。

[施設概要]
ホテル名:STAY Vintage NAKAZAKI EAST(ステイ ヴィンテージ ナカザキ イースト)
所在地:大阪市北区中崎2丁目2番20号
電話番号:06-4300-5097
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00
支払い:現金/クレジット
交通アクセス:
 大阪国際空港から電車・バスで約40分 
 関西国際空港から電車・バスで約1時間
 地下鉄谷町線「中崎町駅」から徒歩3分
 JR各線「大阪駅」から徒歩13分
 阪急各線「梅田駅」から徒歩12分
開業日:5月13日(月)

ホテル名:STAY Vintage NAKAZAKI WEST(ステイ ヴィンテージ ナカザキ ウェスト)
所在地:大阪市北区中崎2丁目2番22号
電話番号:06-4300-7177
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00
支払い:現金/クレジット
交通アクセス:
 大阪国際空港から電車・バスで約40分 
 関西国際空港から電車・バスで約1時間
 地下鉄谷町線「中崎町駅」から徒歩3分
 JR各線「大阪駅」から徒歩13分
 阪急各線「梅田駅」から徒歩12分
開業日:5月13日(月)

ホテル名:住亭 SHIJO KARASUMA(ステイ シジョウ カラスマ)
所在地:京都市下京区新町通高辻下る御影町467番地
電話番号:075-366-5050
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00
支払い:現金/クレジット
交通アクセス:地下鉄烏丸線四条駅4番出口から徒歩8分
開業日:4月27日(土)

STAY Vintage NAKAZAKI=https://stay-hotels.jp/vintage-nakazaki/
住亭 SHIJO KARASUMA=https://stay-hotels.jp/sutei-shijokarasuma/


このページの先頭へ