余暇・トラベル

陶芸家・古賀崇洋氏の新作展示「STUDS」が東京・表参道CoSTUME NATIONAL LABで開催、常識を打ち破って活躍する10人の日本人にインスパイアされた作品を初披露

2019.05.10 21:39 更新

 伝統に挑戦する陶芸家・古賀崇洋氏による新作展示「STUDS」が、5月10日から5月19日までの10日間、東京・表参道CoSTUME NATIONAL LABで開催される。

 今回の新作展示「STUDS」は、イタリアのファッションブランドであるCoSTUME NATIONALとのコラボレーションによって実現したもの。CoSTUME NATIONALでは、これまで様々なアーティストとのコラボレーションを通して、ブランドのDNAの再構築を行ってきたが、今回、PR/広告/マーケティング会社のGOと共催し、古賀氏の新作展示をサポートするという。

 「STUDS」の展示では、スタッズ(金属の鋲)を取り入れた独特の陶芸作品で注目を集める古賀氏が、10人の世界の常識を突き破る日本人=“THE STUDS”をイメージして制作した新作が初披露される。今回の新作のコンセプトについて古賀氏は、「新作展示の企画にあたって、CoSTUME NATIONALとGOと意見を交わしながら、常識を突き抜けた活動をしている日本人にフォーカスした展示を行うことになった。そして、格闘家の青木真也選手、プロサッカーの本田圭佑選手、フリースタイルフットボーラーの徳田耕太郎選手、庭師の村雨辰剛氏、写真家のヨシダナギ氏、メタルダンスユニットのBABYMETAL、ロックバンドONE OK ROCKのTakaさん、女優でアーティストののんさん、ヒップホップMCのKOHHさん、ユーチューバーの三原慧悟さんの10人をピックアップし、彼らからインスパイアされた陶芸作品を制作した」と、常識にとらわれずに活躍する10人の日本人を陶芸作品で表現したのだと教えてくれた。

 「作品の制作では、ジャンルが異なる10人それぞれの個性や特性を考えながら、お面やヘルメット、オブジェなど、様々な形に落とし込んだ。そして、彼らが持つ常識を突き破るパワーは、体の内面から湧き出てくると考え、その尖った力をスタッズを使って表現した」と、作品制作のこだわりを紹介。「とくに、格闘技世界チャンピオンである青木真也選手には、私自身いつも勇気をもらっており、その爆発的な力を陶芸に凝縮し、渾身の作品に仕上がった」と、今回の新作展示のキービジュアルにもなっている、青木真也選手にインスパイアされた作品に注目してほしいと話していた。

 「人にフォーカスした陶芸作品の展示は今回が初めてだが、今までの作品とは違い、生ものを展示しているような感覚がある。それだけに、ぜひ新作展示に足を運んで、今この瞬間に作品から発するメッセージを肌で受け取ってほしい」と、多くの人が新作展示の会場を訪れてくれることを願っていた。

 


 なお、展示期間中は、来場者で希望の人がいれば、100万円で古賀氏本人が、その人のためだけにオリジナルのSTUDS作品を制作する企画も実施するとのこと。会場内の特別な茶室で、直接「常識を突き破った経験」を話してもらい、古賀氏とともに制作を進めていくという。

 また、会場では新作の展示とあわせて、レギュラー商品の販売も行い、CoSTUME NATIONALとの限定コラボレーションアイテム、レザージャケット、クラッチバッグ、Tシャツなども用意している。

[陶芸家 古賀崇洋新作展示「STUDS」概要]
期間:5月10日(金)~5月19日(日)
会場:CoSTUME NATIONAL LAB
住所:東京都港区南青山5-4-30 CNAC 1F
営業時間:11:00~19:00
入場料:無料

古賀崇洋オフィシャルサイト=http://takahirokoga.com/
CoSTUME NATIONAL=https://www.costumenational.com/
GO=http://goinc.co.jp/


このページの先頭へ