余暇・トラベル

はとバス、「ついに到来!埼玉ブームコース」など日帰りバスツアー 夏の新コースを発表

2019.05.13 13:48 更新

 はとバスは5月10日、今年7月~9月の日帰りバスツアー全131コースを発表した。夏の定番ひんやりスポットコース、ひまわりやラベンダー等夏の花を観賞するコース、夏休みファミリー向けコース、ブームの埼玉県をめぐるコース等を設定している。

 埼玉県を題材にした映画「翔んで埼玉」のヒットや、新紙幣の肖像画に選ばれ脚光を浴びている渋沢栄一の出身地である深谷市、首都圏外郭放水路の公開やメッツァにオープンしたムーミンバレーパークなど、最近何かと話題が多い埼玉県。同社では従来から秩父の長瀞や三峯神社、川越などの観光名所を訪れるコースを運行しているが、最近では同じ埼玉でも首都圏外郭放水路を見学できるコースとムーミンバレーパークを訪れるコースは、特に人気を集めているという。

 首都圏外郭放水路を見学するコースは、昨年創立70周年を記念して運行したもので、9月~12月の4ヵ月間で約1000名の消費者に利用された。

 ムーミンバレーパークは、今年3月16日に飯能市にオープンした施設で、同社ではプレオープンの3月9日からコースに組み入れているが、4月30日までで、合計1775名の利用があり、人気のある施設となっている。

 夏のパンフレットでは、首都圏外郭放水路を見学するコースが7ヵ月ぶりに復活、またムーミンバレーパークに行くコースのバリエーションを増やしたほか、日本経済の父・渋沢栄一ゆかりの地をめぐるコースなど、埼玉県の観光地を訪れる10コースを用意した。

[コースの一例]
コース名:ムーミンバレーパーク&メッツァビレッジと川越氷川神社縁結び風鈴
出発日:7月6日から9月8日までの設定日
旅行代金:大人一人 7980円~8480円 こども代金は200円引き
行程:上野駅浅草口 (8:30発)=関越道=川越 氷川神社(自由参拝、期間限定縁結び風鈴の見学も)・・・川越(自由散策)=小江戸蔵里 八州亭(特製酒粕焼き御膳の昼食)=サイボクハム(ショッピング)=メッツァビレッジ・ムーミンバレーパーク(入園、約3時間の滞在)=上野駅(18:30着予定)

コース名:日本経済の父 渋沢栄一ゆかりの深谷巡りと古代蓮の里 田んぼアート
出発日:7月5日から9月29日までの設定日
旅行代金:大人一人 8480円~8980円 こども代金は500円引き
行程:浜松町(8:00発)=東北道=古代蓮の里・展望タワー(展望タワーから田んぼアートの見学)=割烹 楓(昼食)=誠之堂・清風亭(世田谷区より移築復元された渋沢栄一にゆかりのある建物)=旧渋沢邸「中の家」(案内付見学)=渋沢栄一記念館(案内付見学)=深谷駅(カメラストップ、東京駅のような外観)=東京駅(18:00着予定)

コース名:館林蓮の花ジャングルクルーズ・三県境と壮大な地下神殿「首都圏外郭放水路」
出発日:7月15日から8月14日までの設定日
旅行代金:大人一人 8480円~8980円 こども代金は500円引き
行程:上野駅浅草口(8:00発)=東北道=館林花ハスクルーズ(蓮の中をくぐりぬけるクルーズ乗船)=館林うどん本丸(昼食)=道の駅きたかわべ(休憩)・・・三県境(栃木・茨城・埼玉を歩いて渡れるおもしろスポット)=首都圏外郭放水路(案内付で見学)=上野駅(17:30着予定)

はとバス=https://www.hatobus.co.jp/


このページの先頭へ