余暇・トラベル

西武鉄道、「としまえん」や「西武園ゆうえんち」など沿線レジャー施設で使い捨てプラスチック製ストローを順次廃止

2019.05.10 14:55 更新

 西武鉄道が保有し、豊島園、西武レクリエーションが運営する直営施設において、使い捨てプラスチック製ストローの使用を5月下旬以降順次廃止する。なお、消費者からストローの希望があった場合には、紙製ストローなどの環境にやさしいストローを提供する。

 西武グループでは、SDGsの取り組みを積極的に推進しており、同取り組みを環境省が推進する「プラスチック・スマート」キャンペーンに登録することによって、さらなる強化を図っていくという。西武グループの経営理念であり、社員一人ひとりの行動指針でもあるグループビジョンにおいても「共に歩むこと」を宣言しており、そのなかで“常に、自然環境、地球環境への配慮を忘れません。”というコミットメントのもと、持続的な成長に向けて環境保全に努めるとともに、循環型社会実現に寄与する各種取り組みを進めている。同社と同じく西武グループの中核会社であるプリンスホテルにおいても使い捨てプラスチック製ストローの廃止を進めている。

 これまで同社では、省エネルギー化や低騒音化を図った車両の導入やメガソーラー発電設備の設置、踏切照明や駅照明のLED化、自治体と連携した「飯能・西武の森」をはじめとした環境保全活動などを行ってきた。今後はこれまでの活動に加え、プラスチック製ストローの廃止によるプラスチックごみの削減に努めるとともに、従業員一人ひとりが環境保全のためにできることを主体的に考え、地球環境保全に貢献できるように努めていく考え。

[開始時期]5月以降順次

西武鉄道=https://www.seiburailway.jp/


このページの先頭へ