余暇・トラベル

JTBガイアレック、地元ガイドによる案内で全国各地の魅力を再発見する旅「ご当地シリーズ」を発売

2019.05.10 20:14 更新

 JTBグループのSIT(Special Interest Tour/目的型旅行)に特化したJTBガイアレックは、ゆったりと時間に余裕を持たせたツアー行程を巡りながら、その地を知り尽くした地元ガイドによる案内で全国各地の魅力を再発見する旅「ご当地シリーズ」を5月10日から順次発売する。

 「ご当地シリーズ」では、旅に出る理由として6割以上が「日常生活から解放されるため」と回答し、また次いで「未知のものにふれたい」「知識や教養を深めるため」という回答をしている点(日本交通公社 2018年「JTBF 旅行意識調査」から)に着目した。旅行に出かけることで日常生活を離れ、日本各地のメジャーな観光コースとはひと味違った場所を地元ガイドの案内のもと訪れ、その土地の新たな魅力を再発見し、知的好奇心を刺激する旅を提供していくという。

 第1弾では「ほっこり癒しの旅 京都」と題し、京都生まれ京都育ちの案内人、下戸眞由美氏・安藤加恵氏とともに、慌しい日常から離れ、心安らげる癒しの時間と、京都を知り尽くした案内人だからこそ知る穴場へ案内する。ツアー行程は、60代以上になると体力への不安から旅行などのレジャー外出を控える人が増えることから(JTB総合研究所 2016年「シニアのライフスタイルと旅行に関する調査」から)、時間に余裕を持った行程とし、現地での人との出会いや新たな魅力の発見を愉しめる内容にしたとのこと。

 ツアー内容は各月異なり、この度発売になる7~9月出発分では、「7月:あなたの知らない祇園祭」、「8月:夏の風物詩と自然の風を感じる」、「9月:お茶とお水初秋を感じる」をテーマに案内するという。7月のツアーでは京都の風物詩、祇園祭の山鉾巡行の前に行われる“鉾建て”(山鉾の組立)や“曳き初め”(山鉾の試し曳き)など、普段とは違った角度から、この一大イベントを楽しめるとのこと。

 今後10月出発以降の京都コースも毎月発表していくほか、案内人考案のルートを観光タクシーでめぐるフリープランや、全国各地の「ご当地シリーズ」も発売予定となっている。

 JTBガイアレックでは今後も全国各地の魅力を再発見できる旅「ご当地シリーズ」を通して、地域産業の振興を目指し、継続して協力していく考え。

[発売日]5月10日(金)から順次

JTBガイアレック=https://www.jtbgaiarec.co.jp/


このページの先頭へ