余暇・トラベル

アールエヌティーホテルズ、京の文化を表現した関西旗艦店「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」を開業

2019.04.11 19:53 更新

 ロイヤルホールディングスにおいてホテル事業を担うアールエヌティーホテルズは、5月1日に「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」を開業する。

 京都は、千年以上の長きにわたり日本の都であり、17の世界遺産をはじめ数多くの寺院神社や、京町家などの歴史的・文化的資産が集積した「歴史都市」「宗教都市」「文化芸術都市」であり、こうした魅力を求めて国内外から年間約8687万人(京都府商工労働観光部観光事業推進課「(平成29年)観光入込客数、観光消費額及び外国人宿泊客数の推移」から)が訪れ、そのうち外国人宿泊客数が約361万人(京都府商工労働観光部観光事業推進課「(平成29年)観光入込客数、観光消費額及び外国人宿泊客数の推移」から)という「国際観光都市」となっている。同ホテルはリッチモンドホテル初の京都出店であり、これまで利用しているビジネスパーソンやファミリーの他、国内外の観光客の利用まで幅広いニーズに応えるホテルを目指す考え。

 「リッチモンドホテルプレミア京都駅前」は、京ことばで、自分だけのお気に入りの場所、「粋場(すいば)」を見つけてもらいたいという思いから、ホテル内に様々な「場所」を作り、季節の移ろいと共に豊かな空間でおもてなしをするという。旅の玄関口である京都駅前の地に、京都の「粋(すい)」が意味する「みやび」や「はんなり」などを表現した優美な佇まいと、山紫水明、風光明媚な京都の風景を各所に散りばめ、旅立ちの高揚感をホテル内でも追体験できる設えとした。

 リッチモンドホテル初となる庭園を囲んでのエントランスやフロントなどの共用部、京都らしい「和」を感じる紙・木の文化を尊重したインテリアを施した客室は「京に泊まる」を実感してもらえる空間を提案。スタンダードシングル、ユニバーサルツインルーム以外の客室はすべて、浴室、トイレ、洗面台が独立しており、上質な心地よさとくつろぎのひとときをもたらすとのこと。レストランでは、京都産の食材も使用した和洋ビュッフェスタイルの朝食を提供。また、世界中の消費者を迎えるため、ムスリム(イスラム教徒)の消費者向けにもハラルミールBOXの朝食を販売・提供する。また、レストランは、チェックインの時間よりティーラウンジとなり、時間帯によってリッチモンドホテルで初めてワインや日本酒などのアルコール、茶菓子、お茶漬けを提供する。

[ホテル概要]
正式名称:リッチモンドホテルプレミア京都駅前
所在地:京都府京都市下京区北不動堂町565-3
アクセス:JR京都駅から徒歩5分
TEL:075-354-3677
総客室数:208室/収容人数:約484人
地上10階建て(1階ロビー、ライブラリー、フロント、レストラン、3~10階客室)
延べ床面積:約7474.1坪(2260.9㎡)

アールエヌティーホテルズ=https://rnt-hotels.co.jp/


このページの先頭へ