余暇・トラベル

ダイワロイヤル、「ダイワロイネットホテル富山駅前」をグランドオープン

2019.04.10 11:55 更新

 大和ハウスグループのダイワロイヤルは、4月11日14時に、「ダイワロイネットホテル富山駅前」をオープンする。なお、同ホテルのオープンによって、同社が運営するダイワロイネットホテルは全国で53ヵ所、富山県内では2ヵ所目となる。

 富山県観光・交通・地域振興局観光振興室の「平成29年富山県観光客入込数等」によると、富山県への観光客数は年々増加傾向にあり、特に外国人の宿泊者数は2014年の14万人から2018年には28万人と2倍になった。そうした背景を踏まえ、富山随一の観光資源である立山黒部アルペンルート全線開通直前の絶好のシーズンに、当社は「ダイワロイネットホテル富山駅前」を開業する。

 同ホテルは、地上13階建てで、総客室数は204室、富山県最大級98室のツインルーム数を誇るホテルとのこと。客室は、富山県内のビジネスホテルで初となる全室浴室・トイレ別のセパレートタイプ(バリアフリールームを除く)で、21m2以上の客室面積とした。内装については、富山の自然、風物を感じてもらえるデザインを随所に取り入れた。

 スタッフは、英語対応可能な従業員を5名採用するとともに、41ヵ国の言語対応可能な翻訳機を受付に配置し、訪日外国人を迎える。

 テナントについては、1階にコンビニエンスストアを併設するとともに、地元で人気の「とやま鮨」に入居してもらい、地元の食材を取り入れた和朝食を用意する。

 北陸新幹線「富山」駅から徒歩3分の好立地で、ビジネスにも観光にも便利な、地域と消費者に愛されるホテルを目指す考え。

ダイワロイヤル=https://www.daiwaresort.jp


このページの先頭へ