余暇・トラベル

高島屋、「日本橋高島屋S.C.」が百貨店と専門店が融合した4館体制でグランドオープン

2019.02.26 14:34 更新

 高島屋は、昨年9月25日、新館のオープンに合わせ、グループ総合戦略「まちづくり戦略」の新たな象徴となる「日本橋高島屋S.C.」が、百貨店と専門店が融合した4館体制で誕生した。

 そして3月5日、百貨店としてはじめて国の重要文化財に指定され、創建から86年目となる本館に「屋上庭園」「車寄せ」「ヴァレーパーキング」「高島屋史料館TOKYO」といった憩いのスペースや生活文化を発信する施設などが加わる。その他、百貨店が得意とするアイテム編集売場「ドレスアップクローゼット」、「ギャラリー ル シック」などがオープンし、日本橋高島屋S.C.がグランドオープンを迎える。個性あふれる4館が集まる日本橋高島屋S.C.は、憩う・香る・学ぶ・出会う・装う・食す・歓ぶなど、日常の全てを満たす「まち」へと進化する。

 昨年9月、日本橋高島屋(百貨店)は、隣接する新館(専門店)、東館(専門店)、タカシマヤ ウオッチメゾン(百貨店)の4館が一体となった約6万6000m2の新・都市型ショッピングセンター「日本橋高島屋S.C.」として生まれ変わった。今年3月に本館(百貨店)部分の改装が終了し、4館がそれぞれの役割を果たして三世代が一日中楽しめる商業施設を目指す考え。

高島屋=https://www.takashimaya.co.jp/


このページの先頭へ