余暇・トラベル

レゴランド・ジャパン、7月に新エリア「レゴ ニンジャゴー・ワールド」をグランドオープン

2019.02.01 11:05 更新

 家族で一日楽しめる屋外型キッズテーマパーク「レゴランド・ジャパン」(運営:LEGOLAND Japan)は、2017年4月の開業後初となるパークの拡張を行い、今年7月にレゴニンジャゴーの世界を楽しめる新エリア「レゴニンジャゴー・ワールド」をグランドオープンする。

 「レゴニンジャゴー・ワールド」は、各国のレゴランドで人気のエリアで(レゴランド・ドバイを除く)、レゴランド・ジャパンでは8つ目のエリアになるとのこと。レゴニンジャゴーをテーマに、子どもたちがエリアに踏み入れた瞬間からニンジャゴーの世界に入り込み、アトラクションやアクティビティを通じて、ニンジャゴーのスキルを身につけることができるという。

 世界で2つ目の導入となる大型ライド系アトラクション「フライング・ニンジャゴー」は、子どもはもちろん、大人も楽しめるレゴランド・ジャパンの目玉の1つとなるスリリングなアトラクションとなっている。また、世界のレゴランドでも日本が初お披露目となる新型アトラクションを2基導入する。その他、忍者になるためのトレーニングを体験できるインタラクティブなアクティビティや、ニンジャゴーの世界を再現したフードスタンドなど「レゴニンジャゴー」の世界感に浸って楽しめる新エリアとなっている。

 「レゴニンジャゴー」とは、2011年にレゴ社から発売した忍者を題材にした玩具および関連するテレビアニメシリーズ。ウー先生の下で修行をつむニンジャたち―カイ、ジェイ、コール、ロイド、ゼン、ニャー。特別な力を持つ6人のニンジャたちが、ニンジャゴーの世界を守るために敵と戦う。

[レゴニンジャゴー・ワールド エリア概要]
名称:レゴニンジャゴー・ワールド(LEGONINJAGOWorld)
オープン日:7月
面積:4488m2(拡張3188m2+既存1300m2)
導入施設:
 アトラクション:3基
 フードスタンド:1ヵ所
 インタラクティブアクティビティ:3ヵ所

LEGOLAND Japan=https://www.legoland.jp/


このページの先頭へ