余暇・トラベル

三井不動産など、「(仮称)水道橋駅前ホテル計画」を着工

2019.01.23 10:07 更新

 土金(ツチキン)および三井不動産、三井不動産ホテルマネジメントは、1月16日に、東京都千代田区神田三崎町二丁目において、「(仮称)水道橋駅前ホテル計画」の新築工事を着工した。

 同計画は、土金が所有する土地に同社がホテル(計120室(予定))を建築し、竣工後は、三井不動産グループが賃借のうえ、三井不動産ホテルマネジメントがホテル運営を行うとのこと。開業は、2020年秋を予定している。

 同計画地は、JR中央線・総武線各駅停車「水道橋」駅から徒歩約1分、都営地下鉄三田線「水道橋」駅から徒歩約5分と、交通利便性に優れ、周辺には東京ドームや後楽園ホール、日本武道館などの施設もあり、各観光・レジャースポットや都心のビジネス街へのアクセスに大変便利な立地となっている。

三井不動産ホテルマネジメントは、現在、アッパーミドルクラスの宿泊主体型ホテルである「三井ガーデンホテルズ」と、ハイクラスの宿泊主体型ホテルである「ザ セレスティンホテルズ」を全国で計26施設 6703室運営しているとのこと。

 三井不動産グループは、今後も首都圏や全国の主要都市において積極的に新規展開を行っていくとしている。

[計画の概要]
所在地:東京都千代田区神田三崎町二丁目44番9、12(地番)
敷地面積:727.53m2(220.07坪)
延床面積:325.60m2(1187.49坪)
構造規模:鉄骨造 地上12階
客室数:120室(予定)
設計・施工:三井住友建設
開業:2020年秋(予定)
付帯施設:レストラン

三井不動産=https://www.mitsuifudosan.co.jp/
三井不動産ホテルマネジメント=https://www.gardenhotels.co.jp/


このページの先頭へ