余暇・トラベル

JTB、2019年度エースJTB新商品を発表、オリジナルプラン拡充・旅の過ごし方を提案

2019.01.21 20:20 更新

 JTBは、国内パッケージツアー「エースJTB」の2019年度新商品(4月以降出発)を1月18日から販売を開始した。2019年度もエースJTBは日本の魅力を体感できる価値ある商品を提供する。

 国内旅行では北海道・九州・沖縄のロング方面が人気とのこと。GW期間(4月27日~5月6日)の先行予約状況は全方面合計で過去最高で推移し、首都圏発の例では既に先行して発売している沖縄が前年同期比約300%となっている。また5月1日の新元号への改元に合わせて、伊勢志摩や京都など日本の歴史を体感する方面も人気だとか。

 出発日の狙い目はGW前半。首都圏発JR利用商品では、GW前半の4月27日~5月1日出発を後半出発よりお得な旅行代金で商品設定した。

 航空機利用ではお得な午後出発を利用して1泊多く宿泊するなど、大型連休の魅力を最大限活用した様々な旅のスタイルを提案するという。

 まだ間に合うGWおすすめ商品として、北海道、九州、沖縄方面では、一部の航空便・ホテルを除き、まだ予約が可能とのこと。早目の予約がおススメだという。1泊、2泊圏内では、人気のテーマパーク商品がこれから申込みのピークを迎えるという。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの旅」「レゴランド・ジャパンへの旅」「東京ディズニーリゾートへの旅」「ハウステンボスへの旅」などとなっている。GW限定商品は、2月18日に発売予定とのこと。「~お伊勢参り~熊野三山・伊勢神宮を巡る3日間」(仮称)(4月30日首都圏出発)」では、4月30日から新元号への改元を伊勢で迎える添乗員同行プランとなっている。

JTB=https://www.jtb.co.jp/


このページの先頭へ