余暇・トラベル

JR四国など、「四国家のお宝」シリーズ第15弾「深く知りたい、和三盆の世界」ツアーを発売

2018.12.21 19:21 更新

 JR四国は、さぬき市、さぬき市観光協会および東かがわ市観光協会と連携し、「四国家のお宝」シリーズ第15弾として、「東讃の和三盆」をお宝素材とした日帰りツアーを企画した。

 和三盆は江戸時代に製法が確立され、現代でも高級和菓子には欠かせない素材として全国で使われているが、産地は香川県の東讃地域と徳島県の一部地域だけとなっている。同ツアーでは、「なぜ、東讃で高級国産砂糖がつくられた?」をテーマに、讃岐でサトウキビが栽培された理由など、和三盆にまつわる歴史的、文化的な物語をひもといていくという。

 「四国家のお宝」とは、四国に眠る地域資源・文化資源を掘り起こし、地域と協働した魅力的な観光素材・付加価値の高い文化素材に磨き上げ「四国家のお宝」としてプロモーションする取組みとのこと。

[ツアー概要]
出発日:2019年2月5日(火)・14日(木) 2団いずれも日帰りツアー
募集内容
 募集人員:各日20名(最少催行人員16名)
 添乗員:志度駅~志度駅まで同行
 食事条件:昼食1回
発売日:12月25日(火)10:00から

JR四国=http://www.jr-shikoku.co.jp/


このページの先頭へ