余暇・トラベル

阪急交通社、「コスタ・ネオロマンチカ」と「ピーチアビエーション」利用のフライ&クルーズ台湾旅行2コースを発売

2018.10.04 13:31 更新

 阪急交通社は、神戸港を発着する客船「コスタ・ネオロマンチカ」と、関西国際空港を発着する航空機「ピーチアビエーション」を片道ずつ利用した、フライ&クルーズの台湾の旅2コースを、10月3日に発売した。

 開港150年の神戸港は、昨年開催された神戸国際港湾会議において、Taiwan International Ports Corporation Ltd.と2港間連携(MOU)を締結したことを機に、両港でクルーズ事業の拡大に向けた取り組みが開始され、その一環としてこの企画が誕生した。

 フライ&クルーズの旅行取扱い実績が業界トップクラスである同社では、神戸市の協力のもと、船と航空機を片道ずつ利用した商品(食事(船内では全食事付き、さらに全てのレストラン・バーでは12 ドル以下のドリンクが飲み放題)、台湾観光付)を、お得な旅行代金で提供することで、両港利用および気軽に参加できるクルーズ旅行の機会増大をはかる考え。

 阪急交通社では、今後も付加価値の高い魅力ある商品を提供し、クルーズファンの拡大に努めていくとしている。

[発売日]10月3日(水)

阪急交通社=http://www.hankyu-travel.com/


このページの先頭へ