余暇・トラベル

USJ、総合的なパーク体験価値を向上することを目的に[スタジオ・パス」チケット体系を刷新

2018.09.28 13:36 更新

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、多様なゲストのニーズに対応するとともに、日ごとの繁閑差を平準化して、総合的なパーク体験価値を向上することを目的に、スタジオ・パス(パーク入場券)チケット体系を刷新する。

 1日券(1デイ・スタジオ・パス)については、来年1月10日からシーズンや日ごとの繁閑による需要に基づき日別に設定された段階的価格制を導入することによって、ゲストにより多くの選択肢と価値を提供する。

 リピートユーザーの人々への新たなお得な選択肢として、入場除外日(年間70~75日)を除き1年間に何度もパークに入場できる「ユニバーサル年間パス・ライト」を10月10日から大人1万9800円、子ども1万3500円で発売する。チケット金額はすべて税込となっている。

 新たなチケット体系では1日券は日によって設定された価格が適用されるが、中には現行価格よりもとてもお得な価格となる日も設けられている。ゲストには需要の低い日に来場することでより多くの価値がもたらされることになるという(現行の1デイ・スタジオ・パスは大人7900円、子ども5400円、シニア7100円)。

 10月10日新発売の「ユニバーサル年間パス・ライト」は、これまで好評を得ている「ユニバーサル年間パス」(入場除外日は年間約20日、大人2万5800円、子ども1万7500円)より大人で6000円も価格が安く、さらに求めやすい1年間有効の入場券となる。

 こうした様々なチケット種類・価格を提供することで、ゲストの人々にとっての選択の幅を広げ、多様なゲストのニーズに応えていくとしている。

 なお、煩雑化を避けるため、次の券種では来年1月10日から一律の新価格を適用。「障がい者向け割引スタジオ・パス」は大人4100円(現行価格:3950円)、子ども2800円(現行価格:2700円)。「1.5 デイ・スタジオ・パス」は大人1万2300円(現行価格:1万900円)、子ども8400円(現行価格:7400円)。「2デイ・スタジオ・パス」は大人1万4700円(現行価格:1万3400円)、子ども1万円(現行価格:9000円)となる。

 来年4月以降の1日券の価格カレンダーにおいても繁閑による需要レベルに応じた種々の価格を適用し、約3ヵ月前に公式Webサイト上で告示を行う。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、ゲストの人々の多様なニーズに応え、世界最高のエンターテイメントを届けているとのこと。数々のエキサイティングなショーやアトラクションを提供してきており、さらに2020年には「Super Nintendo World」のオープンも予定される中で、新たなチケット価格体系はピーク期間においてもゲストの体験がすばらしいものとなるよう支援するもの。そして、来場のゲストの人々には、このパークをワールドクラスのデスティネーションとして成り立たせている、クリエイティビティと細部までの徹底的なこだわりが結集したパークの最新のアトラクションやショーを存分に楽しんでもらいたい考え。

 今年は春から新アトラクション(リニューアル含む)を次々と導入している。今後もユニバーサル・スタジオ・ジャパンは世界最高クオリティを徹底的に追求し、最高のホスピタリティと感動的で魅力的なアトラクションやショーを次々に届けしていく考え。

ユー・エス・ジェイ=http://www.usj.co.jp/


このページの先頭へ