余暇・トラベル

KNT-CTウエブトラベル、「おごと温泉 湯元舘」で「チャンピオン牛」を堪能できる宿泊プランをネット限定発売

2018.09.06 18:25 更新

 KNT-CT ウエブトラベルは、滋賀県・おごと温泉にある「おごと温泉 湯元舘」において、近江牛でたった一頭の「チャンピオン牛」をオリジナル会席で堪能できる宿泊プランを、インターネット限定で用意した。

 湯元舘でしか食すことのできない、日本三大和牛・近江牛の「チャンピオン牛」。料理長のこだわり、近江牛を味わい尽くす「炙り」「焼き」「しゃぶしゃぶ」で堪能できるという。釜炊きのご飯や全国・滋賀から取り寄せた食材を味わえるとのこと。約1200 年もの歴史を誇るおごと温泉を7つのお風呂で湯巡りできるという。宿の後ろは世界遺産「比叡山延暦寺」、前は日本一の琵琶湖と最高のロケーションとなっている。

 JR京都駅から湖西線で約20分。京都観光が楽しめる立地ながらも、日本一の大きさを誇る琵琶湖を一望でき、三大和牛の近江牛やおごと温泉の名湯を堪能できる宿が「おごと温泉 湯元舘」とのこと。同プランでは特別に近江牛の「チャンピオン牛」を使った会席料理を用意した。黒毛和牛の近江牛は、日本三大和牛のひとつで、豊かな自然環境と水に恵まれた滋賀県内で飼育されている。近江牛の中から特に品質の高いものには認定書が発行され、さらに最高ランクA5の近江牛の中から、たった一頭だけ選ばれるのが「チャンピオン牛」で、「おごと温泉 湯元舘」でしか味わうことができないという。

 京都祇園の名料亭で研鑽を積み、一流の味を支える湯元舘の料理長は、滋賀だけでなく、世界中からこだわりの食材を取り寄せ、宿泊者が何を求めているのかを常に考えたメニューを提供。そのひとつが、近江牛の「炙り」だとか。さらに霜降りロースは全体的に細かくサシが入っていてジューシーなためステーキで提供し、あっさりとした口当たりの赤身肉はしゃぶしゃぶと、部位によって異なる調理法で、3つの味わいを楽しめる。また、釜で炊き上げるご飯に加え、滋賀県大豆使用の「比叡湯葉~エンドウ豆のスープと共に~」や、「じゅんさいのオマール風味・琵琶湖産・鮴(ごり)と手長海老」「滋賀県産・びわ鱒香味焼き・太刀魚と牛蒡の旨煮」「鴨ロースと焼き茄子の麩味噌添え」「利休麩の田楽 ~胡麻の香りと共に~」など、料理長が腕をふるった会席料理も楽しんでほしいという。

 おごと温泉は約1200年もの歴史がある。アルカリ性単純温泉の泉質を持つ温泉を、「比叡山を望む湯」「琵琶湖を望む湯」「夜景が楽しめる最上階の露天風呂」「2つの貸切露天」など、7つのお風呂で楽しめる。男女日替わりの露天風呂「月心の湯」からは近江の佳景を一望でき、特別室「茜の間」は、琵琶湖を眺めながら入ることができる温泉露天風呂付きとのこと。温泉檜内風呂付きの「月心亭」では、正統派の和室で、思い立ったらいつでも檜風呂で温泉を楽しめる。大きな窓から広がる琵琶湖の眺望は、8~10階の高層階ならではだとか。

 同宿泊プランのみ特別に3つの特色を用意した。お土産人気No.1を誇る、湯元舘オリジナルの「スイートコーンドレッシング」を一人1本プレゼント。「チャンピオン牛」を食べた証として、近江牛の「チャンピオン牛 賞味認定書」をプレゼントする。さらにすてきな旅の思い出として、「ご宿泊記念写真」のサービスもあるという。
[プラン概要]
設定期間:11月30日まで
宿泊:おとな 1名あたり 2万4624円~5万3784円(9月6日時点。変動あり)
(いずれも1泊2食付、1室2~5名利用)

KNT-CTウエブトラベル=http://www.knt.co.jp/tv/webtravel/


このページの先頭へ