余暇・トラベル

セガトイズ、「ドリームスイッチ」から「動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ」を発売

2018.08.31 17:35 更新

 セガトイズは、親子の寝る前の時間を変える「ドリームスイッチ」から、「にじいろの さかな」など世界中で人気の絵本を英語でも読み聞かせができる「動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ」を11月15日に発売する。

 英語教育の低年齢化が進んでいる中、好きな絵本で英語の音やフレーズに親しめるよう、英語のナレーションで読み聞かせができる英語モードを搭載した。日本語、英語を選択し自動音声による読み聞かせを楽しむことができる。全世界3000万以上の家庭で愛読されている絵本「にじいろの さかな」3作品や「イソップどうわ」「ヘンゼルとグレーテル」など27作品を収録し、計30作品の絵本を英語で楽しめる。

 「動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ」は、寝かしつけをもっと楽しい時間にするために、子どもはもちろん、大人も寝かしつけが楽しみになる選りすぐりの62コンテンツを搭載した。自分の親から読み聞かせをしてもらった「ももたろう」「うらしまたろう」などのクラシックな物語から、話題の絵本作品まで、毎日お気に入りのコンテンツを選んで楽しむことができる。絵本の他にも、講談社からシリーズ累計300万部発行している「動く図鑑 MOVE」の「星と星座」から38の物語や英語の字幕も楽しめる童謡、おたのしみコンテンツも収録し、充実したおやすみ前の時間を過ごすことができる。

 絵本を持たずにリモコンひとつで操作が可能なため、子どもと自由にスキンシップをとりながら寝る前の時間を一緒に楽しむことができる。絵本の音声をOFFにし、字幕モードにすれば、お父さんやお母さんの声で読み聞かせをすることもできる。「動く絵本プロジェクター ドリームスイッチ」は、部屋の明かりで子どもの目が冴えることも、絵本を持つ手が疲れることもなく、電気を消した部屋で一緒に寝そべりながら、親子の寝る前の時間を変えてくれる画期的な商品となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月15日(木)

セガトイズ=http://www.segatoys.co.jp


このページの先頭へ