余暇・トラベル

ドン・キホーテ、道頓堀大観覧車「えびすタワー」に"空中浮遊体験"ができる360°VR動画を追加

2018.07.31 17:46 更新

 ドン・キホーテは、「ドン・キホーテ道頓堀店(大阪府大阪市中央区)」に設置した大観覧車「えびすタワー」に、新コンテンツ「360°VR(バーチャルリアリティ)動画」を8月1日から追加導入する。

 2005年にオープンした「ドン・キホーテ道頓堀店」のシンボルである道頓堀大観覧車、通称「えびすタワー」は、建物の形状に沿った長円形の空中遊覧設備で、座席が水平回転する観覧車とのこと。今年1月に、消費者からの要望を受け、約9年ぶりに運転を復活させた。

 今回新コンテンツとして追加導入する「360°VR動画」は、観覧車に乗っていながら、まるでゴンドラの外で“空中浮遊”をしているかのような体験ができる、消費者に新たな驚きと感動を提供する新サービスとなっている。VRゴーグルを装着して搭乗してもらうことによって、時間を問わず、晴れた日の日中と夜間の絶景をいつでも楽しめるとのこと。

 また、これまで「えびすタワー」から見えていた道頓堀の景色がさらに広く見渡せるようになり、着座位置からでは見えづらかった「戎橋」などの名所も楽しめるという。

 「えびすタワー」に乗ったことがない人は、VRゴーグルなしで道頓堀の景色を楽しむことができる、2度目の搭乗の人は、VRゴーグルを装着して、道頓堀の大パノラマを体験するなど、さらに「えびすタワー」を楽しめるようになった。

 ドン・キホーテは、これからも消費者に「ワクワク・ドキドキ」のエンターテイメント空間の提供に努め、地域の活性化に寄与していくとしている。

 道頓堀観覧車VRの特長は、ゴンドラの外で“空中浮遊”している疑似体験が味わえるという。時間を問わず、晴れた日の観覧車から見える日中の景色と夜景をいつでも楽しめるとのこと。着座位置からでは見えづらかった「戎橋」や名物看板がくっきり見え、道頓堀の大パノラマが楽しめるという。

[施設概要]
名称:道頓堀大観覧車「えびすタワー」
営業時間:午前11時~午後11時
営業日:年中無休(荒天時は休止)
所在地:大阪市中央区宗右衛門町7番13号
搭乗口:ドン・キホーテ道頓堀店3階
(ドン・キホーテ道頓堀店1階免税レジ横階段から3階まで上る)
最高頂:77.4m
ゴンドラ数:32基
VRゴーグル台数:64台(7歳以上対象)
所要時間:約15分
料金:通常ゴンドラ 600円
   majicaるパス※2万1000 円(乗車券 600円+優先搭乗券 400 円)
   VRゴンドラ 1600円(乗車券 600円+VR ゴーグル 1000円)
   majicaるパス+VR 1400円(majicaるパス 1000円+VRゴーグル 400円)
   majica提示特典 VRゴンドラ 1000円(乗車券 600円+VRゴーグル 400円)
リニューアル日:8月1日(水)午前11時

ドン・キホーテ=http://www.donki.com


このページの先頭へ