余暇・トラベル

ソニー、渋谷モディ1Fの「ソニースクエア渋谷プロジェクト」で「ソニーであそぶ"夏祭り"」を開催、1日ナビゲーターに就任したりゅうちぇるさんがドーム型スクリーンによる映像没入を体験

2018.07.12 20:29 更新

 ソニーは、渋谷モディ1階にあるソニーの情報発信拠点“ソニースクエア渋谷プロジェクト”において、7月12日から新企画「ソニーであそぶ“夏祭り”」を開催する。開催初日に行われたオープニングイベントでは、1日ナビゲーターのりゅうちぇるさんが、各コンテンツを体験。おすすめコンテンツの楽しみ方など、「ソニーであそぶ“夏祭り”」のポイントを紹介してくれた。

 新企画「ソニーであそぶ“夏祭り”」は、夏休みに先駆けて、ソニーならではのテクノロジーとコンテンツを掛け合わせ、渋谷の真ん中で“夏祭り”を楽しんでもらうことを目的としている。注目は、デバイスを身に着けずにVRコンテンツに没入できる空間「Immersive Space Entertainment~没入型ドーム映像体験~」とのこと。さらに、人や人物の形状を瞬時に認識して4K高画質のAR演出ができるインタラクティブ・デジタルサイネージ「MITENE」を導入した「お祭り変身フォト」では、まるで夏祭り会場にいるかのような楽しい写真を撮影することもできるという。

 「ソニーであそぶ“夏祭り”」の各コンテンツを紹介する1日ナビゲーターを務めてくれたのが、タレントのりゅうちぇるさん。「夏祭りといえば、花火大会や金魚すくい、水あめというイメージがある」とのこと。そんなりゅちぇるさんに体験してもらう「ソニーであそぶ“夏祭り”」では、デバイスを身に着けることなくVRコンテンツに没入できる「Immersive Space Entertainment~没入型ドーム映像体験~」などでインタラクティブな映像を楽しめる夏祭りとなっている。

 まず、7月12日から22日まで体験できるコンテンツ「フィットネスバイク」をりゅうちぇるさんがナビゲート。半球ドーム空間内のバイク(自転車)にまたがってペダルをこぐと、風を感じてサイクリングしながら、バイクと連動して映像が動くというコンテンツに、りゅうちぇるさんは、「宇宙空間を走っているみたい」と、映像の世界に没入しながらコンテンツを楽しんだ。

 次にナビゲートしてくれたのは、「お祭り変身フォト」。自分がお祭りの中に入り込んだような写真が撮れる、わくわくするフォトスポットで、「MITENE」という、人や形状を瞬時に認識して4K高画質のAR演出ができるインタラクティブ・デジタルサイネージのシステムが導入されているという。モニターの前に立ったりゅうちぇるさんは、「花火が背景に映り込んだりして楽しい」と、渋谷であることを忘れているようなはしゃぎぶり。撮影した画像はダウンロードして持ち帰ることも可能とのことで、「SNSでシェアもできるので、すごく満足できると思う」と、夏祭りの想い出を記録に残せるコンテンツに興味津々な様子だった。

 さらに、以前実施した企画「aibo room」で、国境を越え老若男女に愛された「aibo」と触れ合える「aiboとあそぼ」をナビゲート。「aibo」の頭をなでたりして、スキンシップを図るりゅうちぇるさんが、“お手!!”を「aibo」に要求したのだが、従ってくれず肩を落としていた。

 渋谷モディ壁面に設置されている大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」のカメラがとらえる交差点のライブ映像をモニターに投影する「奏でる交差点夏祭り」をナビゲートするりゅうちぇるさん。モニターには太鼓や小太鼓、竹笛など様々な和楽器が描かれ、タッチしてみると、日本の夏祭りを感じさせる音を奏でることができるという。夢中になってモニターをタッチするりゅうちぇるさんは、「外国の人にも楽しんでもらえると思う」と、和楽器が奏でる音に外国の人が敏感に反応してくれるのではないかと語っていた。

 そして、7月23日から8月31日まで体験できる「Immersive Space Entertainment~没入型ドーム映像体験~」の「KLEIN」をりゅうちぇるさんがナビゲート。ソファに座って、壮大な宇宙冒険のストーリーを体験できるコンテンツとなっており、30分に1回のみの時間限定で楽しめるという。「KLEIN」の大迫力の映像に「きれいすぎる」と、惚れ惚れした表情をみせるりゅうちぇるさん。「宇宙冒険の世界に入り込んでしまったような感じがする」と、リアルな体験が楽しめると大絶賛していた。

 すべてのコンテンツを体験したりゅうちぇるさんは、「東京・渋谷の大都市ならではの夏祭りであると感じた。最先端な技術を夏祭りとして体験できることが画期的だと思った」と、他では体験することができない夏祭りになっているとのこと。「『奏でる交差点夏祭り』は、大人数でワイワイはしゃぎながら楽しめるコンテンツだと感じた。デートだけでなく、友人同士や家族みんなで『ソニーであそぶ“夏祭り”』を満喫してほしい」とアピールしていた。

 なお、目的に合わせた香りでどこでも気分転換ができるアロマディフューザー「AROMASTIC」で、夏に合うシークヮーサーの香りの新商品も先行体験できるとのこと。さらに電子ペーパーを素材とし、スマートフォンとの連携で盤面とバンドのデザインを自由に変えられる腕時計「FES Watch U(フェスウォッチユー)」の夏限定柄に加えて、ハイブリッド型スマートウォッチ「wena wrist(ウェナリスト)」ではビームスとコラボレーションした新商品を展示しており、ファッションアイテムとして身に着けて写真撮影を楽しむことができるという。

[ソニースクエア渋谷プロジェクト概要]
場所:渋谷モディ1階(東京都渋谷区神南1-21-3)
営業時間:11:00~21:00
※年中無休、但し8月23日と1月1日、およびイベント準備期間は除く

ソニースクエア渋谷プロジェクト=https://www.sony.co.jp/square-shibuyapj/


このページの先頭へ