余暇・トラベル

ANAインターコンチネンタルホテル東京、ガーデンプール「#MUMMBEACHCLUB」をオープン

2018.06.04 19:01 更新

 ANAインターコンチネンタルホテル東京は、東京タワーを眺める絶好のロケーションを誇る、屋外スイミングプール「ガーデンプール」(4階)を、6月23日から9月30日までの期間、夏季営業する。今年は、シャンパンメゾンの「メゾン マム」と提携し、新発売の「マム グラン コルドン ロゼ」をイメージした装飾や彩色をプール全体に施し、ロゼシャンパンとともに楽しむラグジュアリーなひとときを提供する。

 同ガーデンプールは、赤坂・六本木という大都会の中心にありながら、アークヒルズの緑豊かな環境を生かし、“都会のオアシス”を感じさせるラグジュアリーな雰囲気が特長とのこと。都内ホテルのプールの中では比較的大きめ(全長20m×幅13m)で、プールサイドもゆったりとしている。また、ホテルという特性から、ビジネスで滞在中の外国人の消費者なども多く見られ、毎年国際色豊かな雰囲気を醸し出している。「#MUMMBEACHCLUB(マムビーチクラブ)」と題した今回のコラボレーションでは、このガーデンプールが、マムブランドカラーの赤と白を基調とした華やかな空間に様変わりする。プールサイドには、同ブランドの象徴でもある赤いラインを施したサンベッドや赤やピンクのチェアなどが置かれ、プールにはマムの巨大バルーンが浮かべられる。正面に見える東京タワーが点灯する頃には、ピンクのライトアップも加わり、暑い夏の夜を華やかに盛り上げる。

 また、併設の飲食コーナー「プールサイドスナック」では、マムのシャンパンをはじめ、ワインやフローズンカクテル、スムージーなど、個性的でお洒落なドリンクを楽しむことができる。フードメニューは、「小海老のオーロラソース」や「ロブスターロール」、「ピッツァ ピンクアイランド」、かき氷、ブラウニーなど、マム グラン コルドンの味わいがより引き立つ特製メニューを豊富にとり揃え、「プールサイドスナック」コーナーほか、プールサイドでも楽しめるメニューを用意する。

 さらに、毎週木曜夜にはDJをゲストに迎え、プールサイドパーティー(19:00~21:00)を開催する。SNS映えするフォトブースも設置し、カップルや仲間同士で楽しめる企画となっている。夏のセレブレーションに最適な、マムのエネルギッシュなロゼシャンパンとともに、ラグジュアリーな夏のひとときを過ごしてほしい考え。

ANAインターコンチネンタルホテル東京=http://anaintercontinental-tokyo.jp

 


このページの先頭へ