余暇・トラベル

センコーグループHD、東京・潮見駅前に2019年初秋開業予定のホテル名を「東京イーストサイドホテル 櫂会」に

2018.05.17 10:10 更新

 センコーグループホールディングスのグループ会社でホテル経営・運営を行うセンコークリエイティブマネジメントは、2019年初秋の開業に向けて東京・潮見駅前に建設中のホテル名称を、「東京イーストサイドホテル 櫂会」(略称:ホテル 櫂会)、英語表記:TOKYO EAST SIDE HOTEL KAIE)に決定した。

 運河に囲まれた特徴的な立地から、未来に向かって漕ぎ出す「櫂(オール)」に、一期一会の気持ちで消費者を迎えるスタッフの姿勢を表す「会」を組み合わせ、「櫂会(カイエ)」と名付けた。また「カイエ」の響きは、手帖を意味するフランス語「cahier」にも通じ、消費者の心の手帖に書きとめてもらえるホテルでありたい、との思いを込めているという。

 「櫂」の字を、オールと、船を漕ぐ人の姿とに見立てた。東京イーストサイドならではの、心躍る楽しさを表現しているとのこと。シンボルカラー「KAIEブルー」は、水の色、そして休日の空の色を想起させる明るいブルーとした。

[ホテルの概要]
所在地:東京都江東区潮見2-8-11
アクセス:JR京葉線 潮見駅前 徒歩1分
建物構造:鉄骨造り 地上9階建て
敷地面積:5600m2
延床面積:1万4500m2
総客室数:226室
客室タイプ:ダブル(約23m2~)14室、ツイン(約28m2~)185室、ファミリー(約42m2~)16室、フォース(約28m2~)10室、特別室(約135m2)1室
館内施設:レストラン2ヵ所、カフェ&バー、マルチファンクションルーム、フィットネス他
※今後の計画の進捗などにより、変更となる場合がある

センコーグループホールディングス=http://www.senko.co.jp

 


このページの先頭へ