余暇・トラベル

ファミリーマート、サカタのタネ・住友化学園芸と共同開発した家庭栽培キット「育てる」シリーズ6種類を発売

2018.04.10 20:03 更新

 ファミリーマートは、サカタのタネ、住友化学園芸と共同開発した家庭栽培キット「育てる」シリーズ6種類を、4月10日から全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約1万7300店で順次発売する。

 「ファミマガーデン」は、都市部での住宅事情から、野菜などを家庭で育てる機会が減少している中、自分で種をまき、育て、収穫し、新鮮なうちに楽しめる体験を手軽に行ってもらうことができる人気のシリーズで、ファミリーマート、サカタのタネ、住友化学園芸が共同開発した。

 「ファミマガーデン」は、「育てるサラダ」「育てるヤクミ」「育てるブーケ」の3シリーズからなり、圧縮培養土とタネに加えて、栽培の途中に与える肥料がセットになった家庭栽培キットとなっている。生育の様子を写真に撮ってSNSに投稿したり、子どもの自由研究に活用するなど、忙しい毎日に潤いを届ける新たな商品として、女性やシニア・ガーデニング初心者の消費者を中心に好評を得ている。

 今回は、パッケージに栽培日数や種まき時期などを記載するとともに、初めて「ファミマガーデン」を購入する消費者にも、より分かりやすく育て方を伝えられるよう、種まきの方法や発芽までの日数温度など、育て方に関するQ&Aなどが確認できる二次元バーコードデザインにした。

 ファミリーマートとサカタのタネと住友化学園芸は、各社の技術を活かした共同開発商品を通じて、新鮮な野菜の美味しさや自ら育て味わう喜びを消費者に提供していくという。

[小売価格]各498円(税込)
[発売日]4月10日(火)

ファミリーマート=http://www.family.co.jp


このページの先頭へ