余暇・トラベル

JTB、JTBギフトシリーズ30周年を記念し旅を手軽にプレゼントできるメリットを紹介、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが母親への感謝のメッセージを書いた特大トラベルギフトを公開

2018.03.29 15:33 更新

 JTBは、同社が提供するJTBギフトシリーズの30周年を記念して、3月29日にイベントを開催した。同イベントでは、JTBギフトシリーズをより多くの人々に、もっと気楽に、そして身近に感じてもらうべく、新たなキャンペーンを展開していくことを発表した。また、ゲストにお笑いコンビのロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが登場し、少額から購入できるJTBギフトシリーズの魅力を語ってくれた他、母親への感謝の気持ちをメッセージにした特製巨大トラベルギフトを公開した。

 「当社では、様々なギフトシリーズを展開。このうちナイスギフトが誕生から30年を迎えた。これを機に、JTBギフトカードのメリットを広く知ってもらう活動を行っていく」と、JTBビジネスイノベーターズ 外貨・ギフト営業部 PLUSギフトユニットの竹内智子事業企画担当マネージャーが挨拶。JTBビジネスイノベーターズ 外貨・ギフト営業部 PLUSギフトユニットの宮田三馨氏は、「旅行系のギフトは、1泊できる金額のギフト券でなければいけないと考えがちだが、1000円から購入できるJTB旅行券や5000円から購入可能なトラベルギフトも用意している」と、少額のギフトも存在すると説明する。竹内事業企画担当マネージャーは、「旅行券はフォーマルな場面で利用される機会が多かったが、ちょっとした感謝の気持ちを贈るギフトとして活用してもらいたいと考え、“チョコプレ”キャンペーンを展開中だ」と、JTBギフトシリーズの魅力を幅広く伝えていく活動を行っているとのこと。「チョコプレでは、可愛らしいクマのキャラクターが、それぞれのギフトの魅力を伝えてくれている」と、キャラクターを設定することで、若年層にも関心を持ってもらいたいと述べていた。

 宮田氏は、「JTBギフトを人に贈るだけでなく、自分へのご褒美として、将来の旅に向けて購入するというニーズも引き出していきたい」と、新たなJTBギフトカードの可能性も紹介していきたい考えを示した。「JTBギフトカードは、オリジナルデザインのカードが作れてしまうので、写真やメッセージを添えて贈ることも可能となっている」と、宮田氏。竹内事業企画担当マネージャーは、「JTBギフトシリーズが30周年を迎えたことで、さらに人々に喜んでもらえるように、様々な展開を図っていく。そして、旅を少しずつギフトとして贈るというスタイルが、新たな贈り物のスタイルとして定着していくように、今後も魅力をアピールしていきたい」と、JTBギフトカードのさらなる発展を目指していきたいと話していた。

 ここで、お笑いコンビのロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが登場。「コンビを結成して24年になるが、JTBギフトシリーズは30周年ということで、自分たちよりもさらに多くの紆余曲折を経てここまで来たのだと思う」と、30年間、消費者に愛され続けてきたことに尊敬の眼差しを注ぐ。「初めてJTBの旅行券をもらった時、行きたいところに行けることに感動した」と、TV番組などの懸賞では行き先が定められた旅行券が贈られるが、これであれば、好きなところに旅行できるため、メリットがとても高いと感じたのだという。「しかも、自分に無理なく金額も設定できるので、ギフトに活用したことがある」と、感謝の気持ちを込めて、友人や知人にJTBの旅行券をプレゼントしているとのこと。「今回、旅行券の他に、カードタイプのトラベルギフトの存在も知ったので活用してみたい」と、新たなギフトカードも知り合いにプレゼントしたいという。

 「普段、妻には子育てなどで苦労をかけているので、トラベルギフトカードをプレゼントして、旅で疲れを癒してほしい」と、まずは奥さんにJTBギフトをプレゼントしたいとのこと。「また、母の日も近いので、母親に普段言えないことをカードに記入して贈りたい」と、母親にもJTBギフトカードをプレゼントしようと考えているという。そこで、田村さんは、母親へのメッセージを記載した巨大オリジナルギフトカードを公開。「面と向かって言うのは気が引けるので、カードに想いを綴った」と、照れ臭そうに話す田村さん。

 そして、実際に母親にギフトカードをプレゼントしてもらうべく、スペシャルゲストが呼ばれると、登場したのはダレノガレ明美さんのメイクで登場したお笑いコンビ ガリットチュウの福島善成さん。これには田村さんも「練習にもならない」と、母親とのあまりの違いに困惑していた。

 最後に福島さんは、「これまで芸人を続けてきて、今年初めてブレイクの予感がしている。それだけにたくさん仕事をして、義理の両親にJTBギフトカードをプレゼントしたい」と、苦労をかけているという奥さん共々、旅行で疲れを癒してあげたいと話していた。田村さんは、「感謝の気持ちを直接言葉で伝えるのは、なかなか照れ臭いという人も、JTBギフトカードにメッセージを添えて贈れば、普段言えないことも伝えることができると思う。そして、もらった人も旅行に行くことで、さらなる感謝の気持ちを実感できるのではないかと思う」と、贈る人、贈られる人、双方にとってとてもメリットがあるギフトカードなのではないかと話していた。【PR】

JTB=http://www.jtb.co.jp


このページの先頭へ