余暇・トラベル

東急電鉄、東急中央林間ビルを「中央林間東急スクエア」としてリニューアル開業

2018.02.21 18:37 更新

 東急電鉄は、3月28日に、田園都市線中央林間駅前に1985年に開業した「東急中央林間ビル(施設名:中央林間とうきゅう)」を、「中央林間東急スクエア(以下、同施設)」としてリニューアルオープンする。

 中央林間駅は、田園都市線の終点駅として、また小田急江ノ島線の乗換駅として、1日あたり約15万人が利用するターミナル駅となっている。同駅がある大和市は2015年に合計特殊出生率が神奈川県内19市の中で1位になるなど、子育て世代が増加しているエリアであり、中でも、中央林間は2015年10月に策定された「中央林間地区街づくりビジョン」において、大和市北部の地域拠点と位置づけられている。同社はこれまで、2015年に駅直結の商業施設「エトモ中央林間」を開業して駅前機能の拡充を図るなど、同エリアの利便性・快適性向上に取り組んできた。

 同施設は、これまで東急ストアとして地域に親しまれてきた3階建ての商業施設で、今回、中央林間駅前の並木通りなど、穏やかな雰囲気の街並みに溶け込むナチュラルな素材感を生かしたデザインにリニューアルする。全面改装する東急ストアに加え、周辺エリアに住むの多世代の消費者が日常使いできるような雑貨や衣料品、サービステナントなどを中心に35店舗が出店する。

 さらに3階には大和市が、図書館、子育て支援施設、行政窓口を整備する。図書館は、商業施設の通路に面した壁や仕切りを設けないことで商業施設と図書館の境をなくし、開放的な空間とすることで消費者の立ち寄りやすい図書館を目指す考え。隣接する星乃珈琲店でテイクアウトした飲み物の持ち込みができるだけでなく、星乃珈琲店内に貸し出し手続き前の本や雑誌を持ち込むことができ、珈琲を楽しみながらゆっくりと本を読める、心地よい空間を提供する。また、送迎ステーション、託児室、子育て相談室の3つの機能を備えた子育て支援施設では、駅前立地の利点を生かし、子育て世代を支える役割を担う。商業空間と公共施設が融和することで、地域の人々のライフスタイルを支える新たな街のコミュニティ空間を創出する考え。

 また、同施設は駅直結の「エトモ中央林間」と連絡橋で直結しており、同施設の開業によって、駅前の回遊性が高まり、駅前機能のさらなる拡充を実現する。

 同社は、2019年には中央林間駅徒歩5分の立地に、857戸の分譲住宅「ドレッセ中央林間」第一期の竣工を予定するなど、今後も、継続的に多世代が住み心地のいい街の活性化に取り組んでいく考え。

[「中央林間東急スクエア」概要]
開業日:3月28日(水)
※大和市公共施設は4月1日(日)
(中央林間分室〈行政窓口〉のみ4月2日(月))
所在地:神奈川県大和市中央林間四丁目12番1号
店舗数:35店舗、大和市公共施設3施設
延床面積:2万2094.91m2
店舗面積:7748.06m2
アクセス:田園都市線中央林間駅から徒歩0分
営業時間:10:00~21:00
※一部店舗および大和市公共施設の一部は 営業時間が異なる
駐車場台数:400台(平面駐車場106台、立体駐車場294台)

東京急行電鉄=http://www.tokyu.co.jp


このページの先頭へ