余暇・トラベル

東京ディズニーランド、アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」をリニューアル

2018.02.14 16:47 更新

 東京ディズニーランドは、開園当初から愛されてきたアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が、35周年を迎えるのに合わせて、4月15日にリニューアルする。開園以来初めての大幅リニューアルで、ディズニー映画に登場するさまざまなキャラクターが加わるほか、映画の名シーンを彷彿させる音楽が「小さな世界」の曲に織り込まれるなど、テーマである“世界で一番幸せな船旅”の世界観がより色濃く表現され、これまで以上に幸せな船旅を楽しめるようになる。

 このアトラクションのリニューアルオープンを記念して、新生「イッツ・ア・スモールワールド」の世界を感じられるスペシャルグッズやスペシャルメニューを4月10日から販する。

 今回、スペシャルグッズの中でも注目は、アトラクション内に新たに加わるシンデレラやラプンツェルなどディズニーキャラクターのドール(人形)とのこと。船旅の途中で出会うキャラクターたちと同様、とても愛くるしい表情のドールで、抱っこしながらパーク内を歩いたり、部屋に飾ったりすることで、いつでも“世界で一番幸せな船旅”を思い出すことができる。このほか、ぬいぐるみバッジやポストカードなど、23種類のスペシャルグッズを販売する。

[リニューアル日]4月15日(日)

東京ディズニーリゾート=http://www.tokyodisneyresort.jp


このページの先頭へ