余暇・トラベル

スターツホテル開発、「ホテル エミオン 東京ベイ」の敷地内に新館「エミオンスクエア」をオープン

2018.01.26 12:44 更新

 スターツホテル開発は、千葉県浦安市で運営している、東京ディズニーリゾート・パートナーホテル「ホテル エミオン 東京ベイ」の敷地内に、新館「エミオンスクエア」を1月27日にオープンする。

 新たにオープンする「エミオンスクエア」の客室数は、全204室。地下1500mから汲み上げた天然温泉付き大浴場(有料)、コンビニエンスストア、最大320席の3つの食事会場(朝食・宴会のみ)を併設し、既存館「エミオンタワー」と同様に快適性を重視した宿泊主体型のホテルとなる。

 客室は[38m2(180室)・42m2(24室)]で構成され、最大定員数はいずれも4名までと多人数での利用にも対応可能な設計となっている。全室に洗い場付きバスルームと独立型のトイレ・洗面を完備した。

 充実した水回りを整えており、小さな子ども連れの消費者にも快適に利用することができる。また、3~8階の客室フロアに囲まれた吹き抜けの中庭には、最大高さ8mのイルミネーションツリーを4本設置した。

 フルカラーLEDを採用し、季節に合わせて演出を変更。3Fにある中庭に面した6室限定のコンセプトルーム「ヒカリテラスルーム」では、広いウッドテラスでイルミネーションを楽しんだり、室内は裸足でくつろげるフローリング仕様となっていてゆっくり過ごすことができる。

 「エミオンスクエア」は「エミオンタワー」と同様に免震構造を採用。万が一の地震の際も被害を最小限に食い止め、消費者の安全を守る。

 「ホテル エミオン 東京ベイ」は新館「エミオンスクエア」の開業によって、客室数は380室から584室に、駐車場は190台から312台に拡張される。今後も堅調な推移が期待される東京ディズニーリゾートへの来園者をメインターゲットに、ファミリー・親子三世代・カップル・グループ・修学旅行などの団体利用など、あらゆる客層に対応できる体制を構築し、これまでの経験を基に質の高いホスピタリティを提供していく考え。

[エミオンスクエア概要]
規模:地上8階建て(地下なし)
構造:RC造(免震構造:基礎免震)
敷地面積:7691m2
建築面積:2683m2
延床面積:1万5811m2
客室数:204室(38m2・180室、42m2・24室) 施設:天然温泉付き大浴場、食事会場、コンビニエンスストア、コインランドリー ※すべて2階
1階:ロビー
2階 食事会場:スクエアホールA・B (最大320席)2階 食事会場:スクエアホールC(最大90席)

スターツホテル開発=http://www.starts-hotel.co.jp


このページの先頭へ