余暇・トラベル

びわ湖大津プリンスホテル、ロビーラウンジ「Port NIO」をオープン

2017.11.14 11:41 更新

 びわ湖大津プリンスホテル(所在地:滋賀県大津市におの浜4-7-7)は、11月10日にロビーラウンジ「Port NIO」(ポート ニオ)をオープンした。

 びわ湖大津プリンスホテルでは全客室、レストラン、ロビー、ロビーラウンジを昨年12月から順次改装を実施している。滋賀県は古くから東日本と西日本を結ぶ交通の要衛であり、交通・情報伝達の場となった背景があり、特に大津は港街として栄えた。それらをふまえロビーのコンセプトをLively Port(活気ある港)とした。今回、ロビーラウンジ「Port NIO」は、賑わいの中にもおとなのリゾートを感じられる水辺のラウンジとしてオープンする。

 店舗はパンやケーキのテイクアウトを気軽に利用できるアイランドスタイルのカウンターを新たに設け、水をイメージしたパテーションやカーペット、ゆっくりとくつろげる大きめのソファーを配置するなど利便性と快適性の向上を図った。メニューは季節や地元食材にこだわったスイーツや女性ホテリエとコネクト運営のハーブ専門店「enherb」(エンハーブ)との共同開発によるオリジナルのハーブティー、地元唐橋焼の什器を使用したアフタヌーンティーセットなどのメニューを提供していくという。

 豊かな自然に育まれた滋賀県産の豊富な食材をアピールしながら、さらなる地域連携を図ることで地域の発展に貢献していく考え。

 Port NIO の“NIO”は“Nature(自然)/Infinity(無限)/Overlook(見渡す)”の頭文字をとり、びわ湖の自然が限りなく見渡せるロビーラウンジを表現した造語。また滋賀県の鳥であるカイツブリの古名である「鳰(にお)」やホテルの所在地である「におの浜」にもちなんでいるという。

[営業概要]
場所:びわ湖大津プリンスホテル 1F
新店舗名:ロビーラウンジ Port NIO(ポート ニオ)
開業日:11月10日(金)
営業時間:9:30A.M.~6:00P.M.
席数:80席

びわ湖大津プリンスホテル=http://www.princehotels.co.jp/otsu/


このページの先頭へ