余暇・トラベル

NTTドコモ、世界初「スマホ花火大会」を渋谷駅で開催、スマホのフラッシュ撮影で全国各地の花火が打ち上がる

2017.09.04 15:55 更新

 NTTドコモは、東急田園都市線渋谷駅の広告スペースにおいて、この夏のフィナーレを飾るにふさわしい世界初「スマホ花火大会」を9月4日から9月10日まで開催する。忙しくて花火大会に行きそびれてしまった人や、楽しみにしていた花火大会が荒天で中止や延期になってしまった人へ、全国の花火大会を一堂に集めたNTTドコモならではの「スマホ花火大会」を通して、この夏をしめくくる“撮っておきの思い出づくり”を応援する。

 今回、花火大会の会場には、14mもの長さのポスターが広がっているという。そのポスターには、フラッシュの光に反応して、目に見えていないビジュアルをカメラに表示させる印刷技術「Rainbow Film」を採用。これは、世界初の試みとのこと(「Rainbow Film」を交通広告媒体で使用した実績(2017年8月4日時点))。会場で、このポスターをフラッシュ撮影することで、誰もが簡単に色鮮やかな花火を打ち上げることができる。

 イベントの楽しみ方は、フラッシュ機能付カメラ搭載のスマートフォンを持参し、花火会場となる東急田園都市線渋谷駅B1F・道玄坂方面コンコースを訪れると、全国の花火大会名が印刷された巨大パネルが設置されているので、好きな花火大会の前に立つ。スマートフォンのカメラを起動し、フラッシュ機能をオンにして、フラッシュ撮影をすると同時に花火が鮮やかに打ち上がるという。会場では、北は北海道、南は沖縄まで、全国各地の花火を楽しめるようになっている。

 どんなに混み合う花火大会でも快適なネットワークを実現し、人と人、想いと想いをつなぐNTTドコモ。「スマホ花火大会」という新しい体験の提供を通じて、ドコモの「つなぐ使命」を多くの人々に伝えていく考え。【PR】

[イベント概要]
広告掲載エリア:東急田園都市線 渋谷駅B1F・道玄坂方面コンコース
広告掲出期間:9月4日(月)~9月10日(日)

NTTドコモ=https://www.nttdocomo.co.jp/



このページの先頭へ