余暇・トラベル

J.フロントリテイリングなど、東京・上野御徒町に新ランドマーク「上野フロンティアタワー」を開業

2017.09.14 18:50 更新

 今年10月の竣工を目指し、松坂屋上野店南館跡地で開発が進む「松坂屋上野店南館建替計画(上野御徒町プロジェクト)」は、今夏う、施設名称を「上野フロンティアタワー」として開業する。また、J.フロント リテイリング、大丸松坂屋百貨店、パルコは、同プロジェクトによって誕生する商業施設の開業日を11月4日に決定した。

 歴史と伝統を背景に発展を遂げてきた上野御徒町エリアの松坂屋上野店南館跡地に、上野のランドマークとなる新たな複合商業施設「上野フロンティアタワー」が誕生する。「松坂屋上野店」は本館に加えて地下1階を構築、1階から6階は「パルコ」、7階から10階は「TOHO シネマズ」、高層部の12階から22階はオフィスとなる。

 「パルコ」は、“ともだちを誘いたくなるちょっとおしゃれな大人のたまり場”をコンセプトに全68テナントから構成する「PARCO_ya」を新展開。上野御徒町エリア初登場店舗が52テナントと、街に新しい価値・魅力を伝える中核テナントとして開業する。

 「松坂屋上野店」は、“上野を中心としたエリアの街歩きを楽しむ女性のためのフロア”をコンセプトに婦人靴売場を設置。また、観光案内所の機能を持ち、地域の情報発信や物販・イベントを行う「上野が、すき。ステーション」を開設する。

 台東区初のシネマコンプレックスとなる「TOHOシネマズ 上野」は、ハリウッドや日本の代表作品に加え、秋葉原から徒歩圏内という立地を生かし、アニメファンからも支持される上映ラインアップを提供する。

 2014年に改装、グランドオープンした「松坂屋上野店本館」と連動した店舗ラインナップで、家族や友人同士など幅広い世代が一緒に楽しむことができる施設を目指す。

 そして、「上野フロンティアタワー」開業に合わせて「松坂屋上野店」では、本館2階に「上野が、すき。カフェ」、7階に「上野が、すき。ギャラリー」がオープン。「上野が、すき。ステーション」とあわせて、コミュニティサイト「上野が、すき。」と連携したプロモーションや商品開発に取り組む。また、「上野 HA・NA・RE」として、HBC(ヘルス&ビューティケア)系ショップを本館2階に展開し、体験型・コト消費のニーズに対応。また、本館地下1階食品売場もオフィスワーカー増による需要を見込み、惣菜・需要の品揃えを強化する。

 同プロジェクトによって、百貨店、ファッションビル、シネマコンプレックス、オフィスを一体的に備える複合商業施設として、上野御徒町エリアに新たなランドマークが誕生。江戸時代に開業以来、移転せずに同じ場所で営業を続けている松坂屋上野店の歴史に新たな1ページが刻まれることになる。

 新しい下町文化をここから。「シタマチ.フロント」誕生J.フロント リテイリングは、店舗を核にエリアの魅力を最大化し、地域とともに成長する「アーバンドミナント戦略」の取り組みを進めている。下町情緒溢れる上野御徒町エリアは、従来の魅力に加えて、今後さらに新たな文化やライフスタイルが創造されていく。そこで、上野御徒町エリアの新たな窓口(シンボル)として、地域の人々とともに新しい下町文化の創造と再活性化をリードする存在となることを目指して、「上野フロンティアタワー」「松坂屋上野店本館」、大丸松坂屋百貨店が所有する周辺店舗などを総称し、「シタマチ.フロント」と名付けて発信していく。

 「シタマチ.フロント」は11月4日、「上野フロンティアタワー」の開業を機に、街開きする。

[上野フロンティアタワー 概要]
商業エリア(地下1階~10階)
 開業日:11月4日(土)
 商業施設面積:1万4600m2(4400坪)
フロア構成
 地下1階 松坂屋上野店:服飾雑貨他
 1階~5階 PARCO_ya:ファッション、服飾雑貨、ライフスタイル雑貨他
 6階 PARCO_ya:レストラン
 7階~10階 TOHOシネマズ上野:映画館
営業時間
 物販・サービス 10:00~20:00
 飲食 11:00~23:00 ※一部店舗により異なる
 映画館 9:00~24:30

J.フロント リテイリング=http://www.j-front-retailing.com
大丸松坂屋百貨店=http://www.daimaru-matsuzakaya.com
パルコ=http://www.parco.co.jp


このページの先頭へ