余暇・トラベル

「Surprise Trip Letter」第2弾が東京・目黒の撮影スタジオ「STUDIO EASE」で開催、ヨーロッパ風の街並みに浸りながらサプライズレター、会場には長蛇の列も

2017.08.07 20:26 更新

 “エアメールのようなサプライズを施した手紙”を送ることができるイベント「Surprise Trip Letter」の第2弾が、ヨーロッパの町並みを再現した東京・目黒の撮影スタジオ「STUDIO EASE」で、8月2日から8月6日まで開催された。今回の会場となった「STUDIO EASE」は、“目黒のヨーロッパ”とも呼ばれ、普段は立ち入ることができないフォトジェニックなスポット。それだけに、期間中は、開場前から長蛇の列ができるなど、多くの人がイベントに訪れ、ボタニカルをイメージした非日常空間に浸りながら、まるでヨーロッパ旅行をしているかのようなサプライズレターを送っていた。

 「Surprise Trip Letter」は、自治体・企業など計10の団体が集い、手紙を通じたエモーショナルな体験の提供を目的に発足したSurprise Trip Letterアライアンス(以下、STLアライアンス)がプロデュースするイベントで、海外にいるかのようなフォトジェニックな場所からエアメール風のサプライズレターを送ることができるというもの。今回は、大好評だった第1弾「奥大井湖上駅」に続く第2弾となり、普段は入ることのできないヨーロッパの町並みを再現した撮影スタジオ「STUDIO EASE」を、特別に一般開放して開催された。

 「STUDIO EASE」は、様々な映画やドラマなどの撮影セットとして使われており、実際にその世界を体感できるとあって、イベントは長蛇の列ができるほどの人気ぶり。来場者は、エントランスで、フード・ドリンク券付入場チケットとしてオリジナルレターセットを購入することで会場に入ることができ、ボタニカルをイメージした演出が施されたヨーロッパ風の街並みを思い思いに楽しんでいた。とくに、会場に設置されたフォトスポットでは、まるでヨーロッパにいるかのような写真を撮影することができ、日本にいることを忘れて非日常空間に浸っていた。

 また、会場では、「ボタニカル」をテーマにしたフードとドリンク(ノンアルコール)を提供するキッチンカーを展開。フードでは、「ファラフェルとローストベジタブルのタコス」、「グリルドベジタブルピザブレッド」、「旬野菜のベジタブルライスペーパーラップロール」、「カラフルチュロスポップ」の4品、ドリンクでは、「キュウリと紅茶のノンアルコールカクテル」、「レモングラスソーダ」、「ヴァージン・メアリー」の3品をラインアップし、毎日300食限定で販売した。今回のフード・ドリンクは、世界一のかき氷店「ICE MONSTER」や人気チョコレートブランド「マックスブレナー」を上陸・成功させるなど数多くのカフェ・レストランを運営する「トランジットジェネラルオフィス」がプロデュースを担当したという。

 さらに、「STUDIO EASE」の非日常空間を最高に盛り上げるべく、手紙をテーマにした映画「ジュリエットからの手紙」と「100歳の少年と12通の手紙」を日替わりで、野外上映を実施(先着80名)。ヨーロッパ風の街並みの中で、夜空の下、手紙が物語のカギとなっている映画鑑賞をすることで、身も心も非日常にトリップして、普段と違った気持ちで手紙を書いてもらえるよう演出していた。

 そして、この非日常空間での体験を、会場からサプライズレターとして送ることができる「STUDIO EASE臨時郵便局」を設置。ボタニカル柄をモチーフにしたオリジナルレターセットには、オリジナル切手と便せんが同封されており、来場者は、家族や友人、大切な人への手紙をその場でしたためていた。できあがった手紙は、会場で撮影した海外旅行風写真と一緒に封筒に入れ、臨時郵便局のオリジナルポストに投かんすると、オリジナル消印が押印され、受け取った相手にまるで海外から手紙が届いたかのようなサプライズを届けられるようになっている。

 なお、STLアライアンスでは、「Surprise Trip Letter」の第3弾を、フランス・イタリア・スペインの街並みを本格的に再現した「ポルトヨーロッパ」(和歌山県・和歌山マリーナシティ)で、8月12日、13日、19日、20日の土日のみ4日間限定で開催する予定だ。第1弾「奥大井湖上駅」、第2弾「STUDIO EASE」に続く、「Surprise Trip Letter」最後の開催となる「ポルトヨーロッパ」にも、ぜひ足を運んでみては。

Surprise Trip Letter公式サイト=https://surprise-trip-letter.jp/




このページの先頭へ