余暇・トラベル

阪神電鉄、西宮駅商業施設「エビスタ西宮」の大規模増床を実施

2017.08.25 10:26 更新

 阪神電鉄は、2018年秋の開業を目途に、西宮駅商業施設「エビスタ西宮」を大幅に増床することとし、8月下旬から順次、その増床工事に着手する。

 この増床は、西宮駅北側の駅前広場において、既存のエビスタ西宮と接続する建物(地上3階建て)を新築して実施するもので、開業時には、店舗面積は約1.6倍、店舗数は約2倍と、現在と比べて大幅に増加することとなる。このように大幅な増床を行い、店舗の業種・業態構成を拡大することで、「Quality Life Station」をコンセプトとした上質なライフスタイルを提供する魅力度の高いエキナカSCを目指す考え。


このページの先頭へ