余暇・トラベル

JR西日本のクルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が運行開始、初列車の山陰下り1泊2日コースの乗客は"動くホテル"の魅力を満喫

2017.06.19 19:28 更新

 JR西日本は、6月17日にクルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の運行を開始した。「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」は、「TRAIN SUITE 四季島(JR東日本)」に続く、優雅に鉄道の旅を満喫できるクルーズトレインとして話題を集めており、最初の旅、山陰下り1泊2日コースに旅立つ「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の姿を一目見ようと、大阪駅や京都駅などには、多くの鉄道ファンが詰めかけた。

 


 「『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』は、以前運行していたトワイライトエクスプレスの伝統である、 旅の醍醐味を引き継ぐとともに、 そこに“地域の魅力を発信する”という新たな役割を持った電車といえる。風を感じる展望デッキ、上質な車内、素晴らしい食事、これらを含めて、 まさに“動くホテル”だと感じている」と、大阪駅の出発式典でコメントしたJR西日本 執行役員の室博営業本部長。エクステリアは、車体色が、トワイライトエクスプレスの伝統を受け継ぎつつさらに上質さを演出した「瑞風グリーン」の車体に金色のエンブレムとラインを配す。車体形状は、展望デッキと5本のラインからなる流線形の先頭車には、丸目のヘッドライトや往年のボンネット型を彷彿(ほうふつ)とさせる運転室を配置し、懐かしさを演出した。

 インテリアは、昭和初期に一世を風靡したアールデコ調をベースに、沿線の魅力をちりばめた車内で、大きな窓を流れる美しい景色を楽しめる。また、開閉できる窓や展望デッキから沿線の風も感じてもらえる。客室は、中国5県の県産材を使ったドアや沿線の伝統工芸品をあつらえる。また、客室にいながら列車の左右両側を眺望できるレイアウトによって車窓を楽しむとともに、開閉できる窓からは沿線の風も感じてもらえる。さらに、さまざまなニーズに応えられるようシングルルームも用意した。

 


 食堂車は、フォーマルな雰囲気としつつも心地よい空間で、オープンキッチンから伝わる車内調理のライブ感とともに、大きな窓を流れる美しい車窓を眺めながら、食の匠による料理を楽しめるという。バーカウンターや立礼の茶の卓、ブティックスペースを備えたラウンジカーでは、木を多用した落ち着いた空間で、乗客同士の会話や瑞風のおもてなしを楽しめる。展望車では、空まで望むことができる開放的な展望室から雄大な車窓を楽しめるとともに、展望デッキでは沿線の風を感じてもらえる。また、飲み物も用意している。「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」は、列車コンセプト「美しい日本をホテルが走る」にふさわしい車両であるといえる。

 


 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の最初の旅、山陰下り1泊2日コースでは、立ち寄り観光地である城崎温泉と東萩駅・萩駅で地域の人々と一緒におもてなしイベントを実施、また終着駅である下関で到着イベントを実施した。6月17日の城崎温泉駅では、駅舎前で「瑞風」の運行を開始。セレモニー、湯けむり太鼓の演奏、鏡開き、地域住民によるお出迎え、お見送り(ご当地キャラ・横断幕)を行った。

 


 6月18日の東萩駅・萩駅では、近隣園児による太鼓の演奏の他、歓迎くす玉、奇兵隊、ご当地キャラ、子ども一日駅長によるお出迎え、お見送りが行われた。6月18日の下関駅での到着イベントでは、横断幕などによるお出迎え、ご当地キャラによるお出迎え、地酒の振る舞い、伝統芸能(平家踊り)を披露した。

 初列車に乗車した乗客は、「何をとっても素晴らしく、楽しくて、夢のような2日間だった。すべてが素晴らしかったのだが、人の素晴らしさというのか、長尾列車長をはじめ、クルーの人々の温かい素晴らしいサービス、また沿線の人々の温かい歓迎と人の素晴らしさにも、大感激の旅だった」と、大阪駅の出発式典でJR西日本の室部長がコメントした「“地域の魅力を発信する”という新たな役割を持った電車」という点を、乗客にしっかり伝えることができた初列車になったようだ。「展望デッキでは、風が気持ちよく緑も綺麗で、日本って、こんなに美しいんだなと思った。列車の中も窓が大きく、しかも、部屋側の窓だけではなく、通路側の窓も、部屋にいながら両側の景色を見ることが出来るのには驚いた」と、乗客は沿線の風を感じることができたとコメント。また、「料理も想像以上で、クルーの人も自信をもっておすすめしていたし、感動した」と、食堂車で舌鼓した料理についても大絶賛していた。

 


 なお、6月19日には「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の山陰上りコースの始発駅となる下関駅で、出発式を執り行った。JR西日本 執行役員の伊勢正文広島支社長と参列の人々でテープカットを行い、9時20分に前田市長と河野駅長の出発合図と共に、「瑞風」が出発した。

JR西日本=https://www.westjr.co.jp



このページの先頭へ